« MITの先生による講義@九州大学 | トップページ | 有界モデル検査ツールのGUI2 »

2016年12月11日 (日)

変動を扱う分析手法

周波数、確率変動、共鳴およびノイズなど従来の分析手法では使わない要素を用いて安全を解析するアプローチを使用するために準備です。
 
従来の根本原因分析アプローチでは効果が弱い、意味がない解析対象に対して幾つかの解析技法を用いる際の1つとして使います。

Fram2

|

« MITの先生による講義@九州大学 | トップページ | 有界モデル検査ツールのGUI2 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事