« SysML and ROOM | トップページ | 『ディペンダビリティ』のモデリング »

2016年10月17日 (月)

『アシュアランスケース』とモデリング

現代ではどの様な分野システム開発でも『アシュアランスケース』が常に求められる時代になりつつあります。
 
『アシュアランスケース』をビジュアルに表現するときは,モデリングが行われます。
 
多くは:GSNやD-CASEが使われるのですが,お手軽なのはモデリングツールに既に機能として盛り込まれているGSNのノーテーションを使うことだと思います。

astah*にもGSNをモデルする機能がありますので使う事がありますし,『D-CASE-Editor』を使うことが多いです。
 
極簡単な説明用のモデリングであれば,最近はパワーポイントのためのD-Caseのプラグインを使うことが多くなりました。

Gsn

|

« SysML and ROOM | トップページ | 『ディペンダビリティ』のモデリング »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事