« DevOpsとBluemixとこれからのソフトウエア開発のあるべき姿についての議論@『モデル指向開発技術意見交換会』 | トップページ | 『SysML/UMLモデル』の正当性~ シミュレーションとモデル検査 »

2016年10月31日 (月)

MBSEの作業環境とアクション・セマンティック記述言語

MBSEをAADLを使ってモデリングする前作業をしました。

しばらく使っていなかった環境なので,以前作成したモデルやサンプルのモデルを確認をしながら作業しました。

SysML以外にもMBSEを行うためのモデリング言語は幾つかあります。

幾つかのモデリング言語では,アクションセマンティックを指定するための記述言語を使い振る舞いを記載できます。

実開発では色々な作業が発生するので,複数のアプローチやツールを利用すると戦略・戦術の幅が広がります。

Mbse1

Mbse2




|

« DevOpsとBluemixとこれからのソフトウエア開発のあるべき姿についての議論@『モデル指向開発技術意見交換会』 | トップページ | 『SysML/UMLモデル』の正当性~ シミュレーションとモデル検査 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事