« AADL/SysML/HOOD用アーキテクチャ分析・設計ツール | トップページ | SysMLやUMLの状態図では並列・並行動作をするシステムの仕様を適切に表現できない »

2016年7月 1日 (金)

AADL/SysML/HOOD用アーキテクチャ分析・設計ツール2

アーキテクチャ分析・設計では,HWやSWを含めて多角的な視点でコンポーネントに分割する必要がある。
 
データー送信の速度やレイテンシー,バスコンフリクト,デッドロック,優先度逆転,etct,etc,
 
そのため、アーキテクチャ分析・設計では見積もり値を用いて実際に評価しながらコンポ―ネント分割をすることが重要になってくる。
 
AADLとそのツールではdataflow inter-threads communication、possible deadlock situation、PriorityInversion、CAN bus based distributed architectureなどを実際にシミュレーションできる。

よって可能な限り客観的&工学的にアーキテクチャ分析・設計を進めることを支援する。

Prio1

Ded1

Ded2







|

« AADL/SysML/HOOD用アーキテクチャ分析・設計ツール | トップページ | SysMLやUMLの状態図では並列・並行動作をするシステムの仕様を適切に表現できない »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事