« SysML/UMLの状態図の制約や並行性の性質記述 | トップページ | AADL/SysML/HOOD用アーキテクチャ分析・設計ツール2 »

2016年7月 1日 (金)

AADL/SysML/HOOD用アーキテクチャ分析・設計ツール

OSATE2以外に科学的なアーキテクチャ分析・設計ツールがヨーロッパやUSAを中心に多くあるが,Stoodを使ってみた。
 
AADLが主なのでSysML以上に緻密なモデリングと細かな制約や数学的な制約が指定できる。
 
AADL用のツールの多くがそうであるが,シミュレーション,コード生成,ドキュメント生成が自動で行える機能が多い。
 
AADLは自動車、航空宇宙、軍事・医療、プラント制御などに採用が多く,精密かつ分散リアルタイム並行システムの体系的な要件定義~設計に威力を発揮する。

Stood3

Stood4

Stood5

Stood6









|

« SysML/UMLの状態図の制約や並行性の性質記述 | トップページ | AADL/SysML/HOOD用アーキテクチャ分析・設計ツール2 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事