« 並列処理のモジュール技法とコンポーネント化および再利用のツールによる自動化 | トップページ

2016年6月17日 (金)

プロセス代数による動的モデリングとispin

クラスやコンポーネントの拡張や再利用の数理論理的な「タイプ置換原理」による形式化と推論エンジンによるモデル(クラス,サブシステム,コンポーネント)の整合性&置換性の自動判定&コード生成のモデリングツールの開発はある程度はかたがついた。

モデル(クラス,サブシステム,コンポーネント)の整合性&拡張性や再利用性には、セマンティックな見地からのモデリングが不可欠だからDbCやリスコフ置換原理などを使うために数理論理による記述は不可欠。

それから、並行して作業していた状態図や並列処理などのプロセス代数による作業にしばらく集中する。こちらも線形時相理論による数理論理的なアプローチを取らないといけない。
最近はispinで作業がほとんどだけれど。

Hope1

Spin1

Spin2





|

« 並列処理のモジュール技法とコンポーネント化および再利用のツールによる自動化 | トップページ

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事