« 『科学的モデリング』と『ソフトウエアPlug&Play』 | トップページ | コンポーネントのPorts&Interfacesの自動依存関係判定機能 »

2016年2月12日 (金)

『科学的モデリング』とSAT in Alloy

モデルが不正確だと実装、インスペクション、テストが極めて非効率になることを示すために、Alloyで正確なモデリングの例や,ダメダメモデリングのサンプル作成をしました。

モデルを集合や写像の形式的なしてから作成することや、Invariantを整礎集合の視点で停止性を考慮して作成するのは重要です。

SATによる充足と反例は正確なモデルを作成する上で興味を持ってもらうために有益です。

Sta1

Sta2

Sta3

Sta4









|

« 『科学的モデリング』と『ソフトウエアPlug&Play』 | トップページ | コンポーネントのPorts&Interfacesの自動依存関係判定機能 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事