« 『科学的モデリング』~コンポーネントの安全確実な再利用とタイプ(型)置換とタイプ(型)推論 | トップページ | 並行メカニズムのモデルドリブン開発 »

2015年9月 4日 (金)

『科学的モデリング』~状態図編

並列・並行性を持つ状態図を科学的に記述するには「プロセス代数」を用いる。
  
ただし、オブジェクト指向・コンポーネント指向開発では、状態はオブジェクトの状態空間の抽象モデルとして記述されるので、クラスと状態図の整合性を検討する必要がある。
 
クラスは抽象クラスのときもあるし、アクティブクラスのときもある。
 
さらに、具象クラス、抽象クラス、アクティブクラスのいづれの場合でも継承に対応でいないといけない。
 
状態はタイプ型理論の影響も受ける。
 
現在はその分析・設計資料の作成中。以前から作業していたが、少し修正中。

Ltsa1

Ltsa2

Ltsa3







|

« 『科学的モデリング』~コンポーネントの安全確実な再利用とタイプ(型)置換とタイプ(型)推論 | トップページ | 並行メカニズムのモデルドリブン開発 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事