« 週末は定理証明とモデリング技法への応用の作業 | トップページ | タイプ(型)と状態図の意味的整合性 »

2015年8月30日 (日)

クラス不変条件に関連の不変条件(制約)を自動挿入する

クラス図のセマンティクを記述することが最も大切な分析作業、設計作業、実装作業である。
 

自動化作業のために簡単なクラス図で試した。

Photo

 
クラス不変条件(class-invariant)や操作の事前/事後条件を定義していない(表明していない)クラス図は妥当性の無いクラス図であるから、インスペクション、テストが意味がなくなるし、自動コード生成も価値が無いコード生成になりかねない。

 
クラス不変条件には、そのクラスが持つ関連の不変条件も含まれる点が注意点だ。
 
そのため正確かつ明確に関連の不変条件を定義しないといけない。

特に再帰関連の不変条件は結構複雑になる。
推移閉包や反射閉包を考えることが頻繁に起きるから。

 
再帰関連の不変条件を正確に記述し、確実にクラス不変条件に挿入することは効果がある。
  

クラス不変条件をコードにキチント実装することは高品質のプログラムを作成、検証や妥当性確認の作業を確実に行う上で必修で、かつ、高生産性につながる。

|

« 週末は定理証明とモデリング技法への応用の作業 | トップページ | タイプ(型)と状態図の意味的整合性 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事