« 抽象コンポーネントと実装コンポ―ネント | トップページ | 『UMLによるやさしい科学的モデリング』の話し~モデルの自動妥当性チェック&シミュレーション&自動コード生成のデモ »

2015年5月22日 (金)

ソフトウエア開発の変化と進化~新しい時代の分析・設計手法&開発・検証環境は非常に科学的

新しい時代の分析・設計手法とその開発・検証環境が確実に進化し、EUとUSAを中心に確実に広まっていると痛感する。


 
従来のモデリングツールや開発・検証環境にこだわっていると、エンジニアは自ら首を絞めかねないから要注意である。


 
■Run-Time Architecture
①Strong Partitioning
• Timing Protection
• OS Call Restrictions
• Memory Protection

②Interoperability/Portability
• Tailored Runtime Executive
• Standard RTOS API
• Application Components

■Refinement Substitution Rules
①Classifier_Match
1. Goto type
2. Select an implementation

②Type_Extension
1. Goto type
2. Select an extension
3. Select an implementation (optional)

③Signature_Match
1. Goto type
2. Select a type with a superset of

■Safety-Criticality(Consistency checking of safety-criticality levels)
①Fault management
• Architecture patterns in AADL
• Fault tolerant configurations & modes
②Dependability
• Error Model Annex to AADL
• Specification of fault occurrence and fault propagation information
• Use for hazard and fault effect modeling
• Reliability & fault tree analysis
③Behavior validation
• Behavior Annex to AADL
• Model checking
• Source code validation

■Architecture Execution Semantics Defined –Components to SoS
・Nominal & recovery
・Fault handling
・Resource locking
・Mode switching
・Initialization
・Finalization

|

« 抽象コンポーネントと実装コンポ―ネント | トップページ | 『UMLによるやさしい科学的モデリング』の話し~モデルの自動妥当性チェック&シミュレーション&自動コード生成のデモ »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事