« Adaによる先進ソフトウエア開発 | トップページ | ETロボコンスペシャルルセミナー「ソフトウエア正当性とモデリングの科学」 ~品質・生産性および再利用性を実現する数学的アプローチ~の講演資料のダウンロード開始 »

2014年7月29日 (火)

USAの大学・大学院のコンピューターサイエンスの学生のレベル

日本ではUSAの大学・大学院のコンピューターサイエンスの学生のレベルが
あまり知られていないと思う。

USAは英語で講義をするので世界中から天才肌の学生が集まり、そしてそれが普通の状況だ。

1つには成績が割ると落第、退学は普通。

日本の様になるべく落第させるなという文部科学省の方針と異なる点も、学生が必至になる点である。

それから、大学の先生もバンバン首になる。そのように生徒も先生も緊張感が高い世界が必要と思う。


サッカーやオーケストラなどに代表される音楽なども世界中から優秀な指導者を招いているのだし、日本の大学も先生が英語で講義することが今後は不可欠なのではないかな。

そして、SW開発はコンピューターサイエンスで学位を得た人しかなれない環境なのでGoogleやAmazonのような企業は強いんだね。

下記は海外で活躍している人の企業のトップの方のインタビュー記事。
やはり、ここでもスタンフォードで天才肌の学生ばかりで理系の道を断念したと書いてある。


1_2

2

もちろんMITやカーネーギーメロンやUCバークレイなども含めスタンフォードに負けず劣らず優秀である。

日本の学生やエンジニアは彼らと競争することになるから、日本はもっと危機感を持たないといけないね。

|

« Adaによる先進ソフトウエア開発 | トップページ | ETロボコンスペシャルルセミナー「ソフトウエア正当性とモデリングの科学」 ~品質・生産性および再利用性を実現する数学的アプローチ~の講演資料のダウンロード開始 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事