« 特許出願と講演が無事終了 | トップページ | 温故知新的読書~ビトゲンシュタインの論理哲学論考 »

2014年7月 1日 (火)

引っ越しで分かる「無駄なモノ」がいかに多いか

マンションに住んでいると、引っ越しが多い時期がある。

新年度の頃とGW明けである。

マンションから出ていく引っ越しの場合に必ず大量のごみがでる。

新し引っ越し先のサイズに合わないというだけに問題ではなく、どうやらいつの間にか不要なものを大量に溜め込んでいるようだ。

そのため、引っ越しのタイミングで不要なものを破棄せざる負えないのだろう。

人間が生きていく中で本当に必要なものは、確かにさほど多くないのだが、どうしてか、ついつついあまり必要でないものを購入し、使わないものが多くなる傾向にある。

服でもモノでも1年以上使わないものは、今後使う可能性はかなり低いということなので、バンバン破棄することが大切かもしれない。

そして、それ以上に無駄なものを購入しないことだ。

無駄なものを購入するのは、費用の無駄だけでなく、思考にもよくない。

無駄なモノに囲まれていると、無駄な思考が発生するからだ。

|

« 特許出願と講演が無事終了 | トップページ | 温故知新的読書~ビトゲンシュタインの論理哲学論考 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事