« 久しぶりに品川に行く | トップページ | C++の書籍~ExceptionalC++ »

2014年1月17日 (金)

BASICによる人工知能プログラム

年末に書籍をどっさり破棄した。

破棄した書籍の大半は技術書である。

古くなった技術書や利用しない書籍などを破棄した。

オフィスに常備できる書籍数にも限界があるから、破棄することは残念であるが仕方がない。

古い出版物という点では、この「BASICで学ぶ人工知能」も1985年の出版(翻訳)であるから、情報工学の書籍としてはかなりの年代ものである。

それでも内容を改めて参照すると、さほど内容に古さを感じない。

人工知能の入門ではかならず扱う事項が紹介されているからだと思う。

筆者も述べているように、BASICでも意外と本格的なコードが書ける。

もちろん、現代のAIの専門家が研究で書くコードには遠く及ばないが、人工知能プログラムの初歩や人工知能プログラムとは何?という観点から見ればBASICは意外と面白いかもしれない。

140117_110549

 

表紙。時代を感じさせるデザインである。

140117_110808_2

中はこんな感じ。

140117_110729

 

推論の紹介もいろいろ書かれている。

140117_110713

140117_110624

動作するBASICコードが書籍全編に掲載されているから、動作して動かせる。

なお、 BASICを動作させる環境は「十進BASIC」などがある。

|

« 久しぶりに品川に行く | トップページ | C++の書籍~ExceptionalC++ »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事