« 書籍『構造主義方法論入門』~哲学的分析手法への哲学冒険活劇エッセイ | トップページ | 「つくば学園都市」に行ってきた »

2012年5月30日 (水)

書籍「知るということ--認知学序説」~数学から見た存在論と認識論

「醜いアヒルの子」定理などので有名な渡辺彗氏の認識論の解説書。

120529_231208

表紙。

120529_231314

中はこんな感じ。

120529_231324_2

「認知科学選書シリーズ」の1つ。

基本的に数学的な指向で解説は進められている。

語り口はやさしいが、内容は高度である。

過去の色々な認識論にまつわる説を簡単に紹介し、渡辺彗氏の理論で評価を与えている解説もある。

数日前ブログで紹介したバートランドラッセルの「論理的原子論」、ヴィトゲンシュタインの「言語ゲーム」なども論理的矛盾を述べ誤りとバッサリ切り捨てている。

この本は薄い本で、語り口は優しいが哲学や論理学の初心者には難しいはずである。

まず、基本的な述語論理学とその歴史に心得があり、バートランドラッセル、ヴィトゲンシュタインなどの活動や書籍に触れたことが無いと、読んでいて楽しくないはずである。

バートランドラッセルやヴィトゲンシュタインの思想や活動についての詳しい説明はないので、なぜ間違いかの真意を得ることは難しい。

また、解説は基本的に数式と論理式で行われる為に、普段から形式記述に慣れていないと、内容以前にその点で躓く。

科学的な視点からの哲学分野の解説は説得力もあるので、興味があると読まれると良い。

なお、書籍の中で最初に「醜いアヒルの子定理」を解説した本であるのか私は定かではないが、多くの論文、書籍で参考文献に掲載されている。

|

« 書籍『構造主義方法論入門』~哲学的分析手法への哲学冒険活劇エッセイ | トップページ | 「つくば学園都市」に行ってきた »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事