« HoareのCSP理論の書籍 | トップページ | オブジェクト指向DBの書籍~オブジェクトの同一性や永続性の課題が分かる »

2012年2月 2日 (木)

映画「Always'64-3D」を見てきた~飛び出す3Dと奥行きの3D

先日、映画「Always'64-3D」を見てきた。

通常版と3D版があるが、迷わず3D版を選んだ。

Always_2

写真は3D専用の眼鏡。一回購入すると他の映画でも利用できる。

以前は、大きなゴーグルのような3D眼鏡を貸してくれたが、今は購入することになっている。

眼鏡に装着するタイプもあり、眼鏡をしたまま上から装着する。

3Dというと飛び出すイメージがあるが、最近の映画は3Dといっても奥行き感を出す3DなのでiMAX映画などを見ている人には物足りない。

事実、映画「アバター」を見たときは、あまり3Dの印象を得なかったので意外な印象だった。

後日、ハリウッドでは奥行き感を出す3Dが主流と聞いて納得した。

映画「Always'64-3D」は飛び出す3Dと奥行き感を出す3Dのミックス。

肝心のストーリーは前作2作に比べると、一寸切ないストーリーになっている気がする。

第4作があるかも知れない印象だ。

|

« HoareのCSP理論の書籍 | トップページ | オブジェクト指向DBの書籍~オブジェクトの同一性や永続性の課題が分かる »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事