« ”はりトルプロ”~驚くほど便利で綺麗にホチキスの針が外せるツール | トップページ | 活気ある市街地の巻~至る所でイベントが開催 »

2011年11月10日 (木)

時代を超えたスーパーウーマン&科学者「キューリー夫人」

最近は「キューリー夫人」を知らない子供がふえているようだ。

Photo_9

「キューリー夫人」を知らないなんて、こんなことで日本は大丈夫か?

なんてちょっと思う。

1

私が子供の時代には、児童向けの伝記で「キューリー夫人」を必ず読んだ(読まされた)。

昔とはいえ、あのノーベル賞を2度受賞しいるのは、やはり凄い。

当時は男性社会の時代であったが、ノーベル賞は女性でも可能であることを証明した人。
#ノーベル賞選定委員者も懐が深いのかも知れない。

キューリー夫人は物理学者、科学者の人達が尊敬する科学者の中で、やはり別格のようだ。

人生を科学に捧げただけでなく、結婚して子供も育てている。
#ちなみに、キューリー夫人の娘もノーベル賞を受賞。

キューリー夫人の逸話は数多い。

  • 保母さんに子供を預けて毎日実験をしていたが、子供に会いたくて、ときどき実験を抜け出してこっそり会いに行っていた
  • 実験ノートには何でも書き留めており、晩御飯の献立や育児のことも書いてあった
  • 娘はノーベル賞の母から直に物理・化学の教育を受けた
  • (キューリー夫人は、ノーベル物理学賞とノーベル化学賞を受賞している)

  • etc,ctc,etc.......とにかく沢山ある。

大学時代の物理の教授もキューリー夫人の実験の事を話していたっけ
(つまり、「お前ら、キューリー夫人を見習え」って事を言いたかったらしい)。

ちなみに、キューリー夫人が子供に化学・物理を教えた時の自家製の教科書が日本でも翻訳されて売られている。

あれだけ多忙にしていても、子供たちに自ら授業をするから凄い。

原書はフランス語。

http://pub.maruzen.co.jp/book_magazine/curie_rika/

キューリー夫人の直筆のノートは結構残っているようで、写実的な実験のイラストや筆記に加えて、実験ノートには放射能がいまだに観測できるとのこと。

時間を超えてキューリー夫人を身近で感じれるノートかもしれない。

キューリー夫人の映画は多数作成されているが、このような映画を作成する監督は真面目だね。

Photo_6

これは、結構有名。女優さんが綺麗。

Photo_7

こちらも銀幕時代のポスターがかっこいい。

Eiga

これは結構最近の映画だ。

|

« ”はりトルプロ”~驚くほど便利で綺麗にホチキスの針が外せるツール | トップページ | 活気ある市街地の巻~至る所でイベントが開催 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事