« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月30日 (日)

「無印良品」研究

「無印良品」は非常に魅力的である。

私のオフィスは極めて多くが「無印良品」製である。

単に商品を売るというよりも彼らの「哲学」を商品にしている感じがする。

1

[無印の商品のコンセプトや価値観を解説してる書籍]

2

[無印のビジネスの変遷の解説]

ジョルジオ・アルマーニも絶賛して来日の際には大量に「無印良品」の製品を購入するという。

徹底的にシンプルなデザインの製品のデザインとディスプレイは見事である。

もうひとつ感心させられるのが店員の対応である。

どの「無印良品」の店舗に行っても、店員の対応は非常に丁寧だ。

私は企業改革を行う正式な資格を保持する国際コンサルタントであるから、一般の人よりも企業の仕組みや従業員の対応に対する評価は厳しい。

大抵の企業は私が支援すれば間違いなく高いステージへと到達できるが、条件として企業として熱意が無いと意味がない。

多くの企業には明確に確立された業務プロセス、改革の仕組みおよび企業理念が完全に欠けている。

その私から見ても「無印良品」の各店舗の店員の対応は良く感じる(勿論、まだまだこの企業は向上の”のりしろ”はあるが)。

雑誌やTVで店員の対応が良いと評価されているサービス業の会社や店をチェックしてみるが、実のところ「さほどでもない」「課題が多い」という印象を受けることが多い。

大手美容院のチェーン、大手エステサロン、アパレル産業、病院ですら私から見れば課題は一目瞭然である。

それだけ、従業員の教育は見えないところで時間と費用を投資し、経営者の理念がしっかりしていないと難しいものである。

「無印良品」は彼らのコンセプトや哲学に共感した顧客を魅了し続けてほしいと思う。

|

2011年10月29日 (土)

日本でもこの時期ハロウィンが定着?

USAから帰国後、必要に迫られて買い物に出かけた。

USAだけでなく日本でもこの時期は、ハロウィンがイベントとして見られる。

L1000789_2

オレンジ色のかぼちゃがディスプレイされている。

L1000790

小さいカボチャもなかなか良い雰囲気で取り付けられている。

L1000791

雰囲気だけなら本場USA顔負けの飾り付け。

L1000792_2

大きなカボチャが頭上に。

宗教や文化の意味を無視して、ハロウィンを利用する商業上の戦略だろう。

色々とイベントを仕掛けて物を買ってもらう戦略だ。

日本人はイベントの意味や理由を考えないで、雰囲気を楽しむ傾向があるが外国人から見たらどう映るんだろう?

クリスマス、復活祭以上にハロウィンの意味や由来を知らない人は多いと思う。

日本にはもうすぐ「七五三」という古式ゆかしいイベントがあるのを忘れずに。

|

2011年10月28日 (金)

ミネアポリス最終日~帰国の途に就く

L1000745

今日でミネアポリスの最終日。

成田のフライトが午後からなので、ゆっくりしたスケジュールで行動できる。

午前中、USA最大と言われるショッピングモールに買い物に出かけた。

L1000743

L1000744

広いです。見て回るのに一日はかかるかも。

L1000752

水族館、遊園地がショッピングモール内にあるから凄い。

L1000741

水族館の受付。

L1000742

水槽に子供達が張り付いている。

L1000753

ショッピングモール内にある遊園地。

観覧車や複数のローラーコースターや絶叫マシンがあるからなかなか本格的な遊園地だ。

L1000755

L1000757

L1000768

L1000771

ショッピングモール内にあるフードコートで食事をして、そして買い物。

L1000766

高級ブランドの服の店も多数存在している。

空港もショッピングモールも市内を走るトラムで移動できるから、非常に便利である。

L1000737

トラムの駅からショッピングモールへ直結。

L1000730

再びトラムで空港へ移動。

L1000782

|

2011年10月27日 (木)

ミネアポリス滞在4日目~ミネアポリスの街を散策する

   今日はSEIカンファレンスの最終日なので3時からミネアポリスの街を散策することにした。

買い物に出かけるついでに広いミネアポリスの街をかなり歩いた。

広いショッピングモールに出かけて少し買い物をした。

アメリカでよく見かけるタイプのショッピングモールである。

L1000675

日常品がかなり沢山売っているが、自分的にはデザイン的にあまり魅力を感じない。

L1000676

ジーパンとスエットとダウンジャケットが多い。

日本では「ホームセンター」にあるようなものも沢山売っている。

L1000677

L1000678

L1000679_2

エスカレーターも日本と違い、上下とも二車線。

L1000680

Bookコーナに話題の書籍スティーブジョブズの本があった。

30%OFFとなっていて$24.50となっている。やっぱり安いな。

L1000674

それとハロウィンの時期だけに一面オレンジ色が目立つ。

L1000681

L1000682

かぼちゃだらけです。

L1000683

L1000684

「こんなも買っていったいどうするんだろう」というものある。

L1000685_2

L1000686

魔女や幽霊みたいなのは何?

ハロウィンは日本のお盆なのだろうか?

いまだによくわかりません。

買い物の帰りはビルのスカイウォークを使って帰った。

ミネアポリスに無数にあるビルが全てと言っていいほどスカイウォークでつながれている。

日本ではこのような整然として街の設計はできないな。

オフィスのビルでも誰でもスカイウォークを使えるようになっている。

L1000690

スカイウォークに内部の様子。

L1000691

ビルの外には出なくても街中のどこでも行けるから凄い。

L1000694

L1000699_2

スカイウォークもビルのデザインに合わせているので個性がある。

L1000701

ミネアポリスはかなり広い都市で、銀行や世界的企業のビルが多く存在している。

それだけに街も華やかで、高級ブランドの服やアクセサリーを売る店も多い。

L1000705

セキュリティの問題もあるはずが、オフィスのビルも銀行のビルでも2Fには必ずスカイウォークがあり、誰でも使えるのはやはり凄いな。

|

2011年10月26日 (水)

SEIワークショップinミネアポリス3日目

今日でミネアポリスの滞在も3日目。

L1000485

下記はワークショップ開催期間のプログラム(アジェンダ)。

L1000486

L1000487

ここまでSEIのワークショップも予定通り消化されている。

毎日朝7:30~からの朝食に参加し、8:30~からのワークショップに参加する。

事例紹介などが行われるが、下記はorbital社の事例発表の様子。

L1000494_2

午前のワークショップが終了すると、ランチの時間。

ランチを取るホールの様子。

L1000517_2

日本の震災後初めてのUSAであるが、私が日本から来たと話しても福島原発の事故や放射能について聞かれたことは今のとこと一度もない。

気を使っているという風でもないから、あまり気にしていないのだろう。

一緒のテーブルで食事した中にロシアからの参加者がいた。

ロシア語のイントネーションであるが、丁寧にはっきりと発音して喋り、話す内容が高度なので知的に映る。

ロシアのデモクラシーの現状について話していた。

ロシア人の中でもUSAに来て自由闊達で豊かな状況を知っている人には、ロシアのデモクラシーを強く進めたいのかもしれない。

何度も「ロシアのデモクラシー」「どうしたらロシアは変われるだろうか?」とその人は話していた。

お隣中国が資本主義と見間違う様な経済発展しているのは、ロシア人であれば確かにそう思うのかな。

ロシア人の中でも海外に自由に行ける人はそう多くないようだ。

中国もいまだにそうだからね。

さて、今日から午後はいくつかのテーマ毎にワークショップが並行に開催される。

テーマごとのセッションの様子は下記。

L1000520

セッションではテーマに即したケーススタディが用意され、それを議論する形式。

このセッションでは4つのシナリオのケーススタディが用意された。

|

2011年10月25日 (火)

ミネアポリスの市街地の風景

ワークショップの昼休みにミネアポリスの市街地に出かけての街の風景を写真に収めた。

ミネアポリスってこんな雰囲気の街。

L1000378

結構高層のビルが多く、州の建物も多い(空が青い)。

L1000381

ビルとビルを結んでいる「スカイウォーク」。

ミネアポリスのビルは多くのビル間が、この「スカイウォーク」で連結されている。

L1000382

L1000384

街中にはユニークなオブジェや彫刻も結構多い。

L1000386_2

豆(?)が仕事をしている。

L1000390

L1000391

L1000438 

建物もユニークなものが多い。

クラシカルなデザインや近代的なもの、いかにもアメリカの州のオフィスの建物と言った感じのものがある。

L1000394

下記は「United State Courthouse」。

L1000393_2

L1000388_2

建物の中にも入って撮影した。

L1000395

L1000396

1Fには喫茶店もあった。

L1000442

全面ガラス張り。

L1000431

TV局のスタッフがスタンバッていた。何かあるのかな?

L1000436

広場。奥にあるビルは建設中とか取り壊し中ではなくこういうデザイン。

L1000444

L1000441_2

L1000401_9

下記はアメフトのドームスタジオ。

L1000411

紫がチームカラーのようだ。

L1000412

街中のを走るトラム。

非常に便利である。

車両の塗装のパターンのバリエーションが多い。

L1000427

L1000428

L1000421

トラムのチケットと停車駅それとチケット販売機。

L1000408

L1000409

L1000322

チケットを買う時にレシートも出せる。

トラムの料金は安く、30分位乗って1.75USドル。

トラムもエコだが、自転車が借りれるようになっていてこちらはもっとエコ。

L1000448

L1000449

|

CMUのSEIのワークショップのレジストレーションと始まる前の会場の様子

ワークショップのレジストレーションと始まる前の会場の様子を撮影。

L1000327

7:30~コンチネンタルスタイルの朝食が始まる。

並行してワークショップのレジストレーション(受付)が開始。

L1000324

L1000328

ワークショップがこれから開始される前の会場の写真。

L1000349_2 .

|

2011年10月24日 (月)

ミネアポリス・セントポール空港からホテルへ移動

ミネアポリス・セントポール空港からホテルへ移動は、タクシーで移動した。

セントポールにはトラムがあり、市内を移動することができる。このトラムで空港からホテルにも移動できる。

滞在するホテルは、カーネギーメロン大学のソフトウエア研究所のワークショップが開催されるホテルと同じThe Depot Renaissance Hotel。

L1000292

ホテルの中にいろいろなオブジェや絵画や展示品が飾られている。

鉄道の街だったのか鉄道に関連するものが多い。

L1000294_3

白い人物の置物が目につく。

L1000293_2

鉄道に関連するものが展示されている。

L1000308

L1000302

L1000303

地図や古い鉄道員の携帯物や制服も展示している。

L1000309

こちらも鉄道に関連する絵や写真。

L1000312

絵画というよりもオールディーズのポスター。

L1000304_2

部屋の雰囲気は下記のようになっており、典型的な部屋の構造とインテリア。

部屋だけみたらどこのホテルか分からないくらいアメリカによくあるタイプ。

L1000316

L1000319

部屋の窓からミネアポリスのビル群が見える。

L1000320

L1000321_2

|

成田からミネアポリス空港に到着

成田第一ターミナルの北ウィングから搭乗し、ミネアポリス空港に到着まで約9時間半の空の旅。

L1000270

L1000266_3

4Fの出発ロビー。

L1000267 

今日はさほど混んでいない様だ。

時間があるのでデッキで外の空気を吸う。

L1000275

荷物検査を済ませて搭乗ゲートに移動。

L1000273

そして、ミネアポリス空港に到着。

L1000280

どこに行ってもUSの空港は同じ造りと雰囲気。

L1000285

空港からはタクシーでホテルに直行。

ホテルの様子は次回のブログで報告。

|

2011年10月23日 (日)

成田エクスプレスに搭乗~USAのミネアポリスに出張

天気予報では雨のようなことを言っていたが、雨が降らなかったので移動が楽だった。

新宿から成田エクスプレスに搭乗。

L1000262 

結構車内は空いている。

L1000263_3

ミネアポリスに向けて出発。

L1000264 

|

2011年10月22日 (土)

CMMIやISOなどの国際標準が海外ビジネス参入のチケット~中国のCMMIの凄い取り組み、日本企業は海外企業研究と対策が不十分

円高と内需の低下およびデフレが止まらない状況の中で、日本企業はマーケットや生産拠点を海外に移しかない状況にある。

しかし、海外企業はライバル他社をそう簡単には参入させない土俵を作っている。

日本では勝ち組と言われる企業は熱心にCMMI、FDAおよびISOなどに取り組んでいるが、そうでない企業が圧倒的に多く、そのような企業は自分の置かれている状況の把握と意識が低い。

他の企業を動向を見て取り組むかどうかを決めているから、やおら始めるときは競争の源泉を失っている。

このような企業は恐らくマーケットから消えていくだろう。

海外の企業の動向を見てみてよう。

私はSEIからのCMMIの国際資格を持つので、SEIから発表されたここ数年のCMMIのデーターを見てみよう。

Sei

[CMMI® forSCAMPISM Class A Appraisal Results 2011 Mid-Year Updateより抜粋]

Hsci

[上の表からUSA、日本、中国、インドを比較した資料をHSCIが作成]

このデーターはここ数年の数値である。

中国が本番USAを抜いてもの凄い勢いでCMMIに取り組んでいる。

中国政府は中国国内で他国の企業が工場を設立する場合や、物を売る場合に厳しい基準を設けている。

世界はいま製品の規格戦争や国際標準の取り組みが最重要視されているのだ。

中国がなぜここまで熱心かというと、中国政府や高官は、技術に極めて明るいために、世界の技術動向について優れた戦略を確立している。

日本や欧米とは異なり、中国は政治家、官僚などは90%が理系の大学、大学院を卒業し、博士号をもつ人も多い。

さらに留学をして海外の大学の博士号を持つ官僚や政治家も目につく。

しかも、国家重要大学と指定されている飛びきり優秀な4校(上海交通大学、北京大学、復旦大学、精華大学)の卒業生が政治家と官僚および国家の要職の大部分を占める。

もちろん、歴代中国最高指導者の江沢民総書記や現中国最高指導者の胡錦濤総書記も理系の大学を出ている。

中国は国家の繁栄に欠かせない技術者達が国家の最重要人物として優遇されるのだ。

アメリカの金融ビジネスとは真逆である。

日本の企業は簡単に中国へのビジネスを検討してるようだが、中国政府が要求する基準をや制約を満たしていない企業が多い。

もっと海外動向を研究し対策をした方が良い。

なお、CMMIやISOなど国際標準への取り組みに対してトレーニングやコンサルテーションを行うのは正式な資格を持つ企業と人物でないと出来ない。

国際標準の知的財産権は、権利を持つ団体が厳しく管理されており、違法行為をした企業や人物は厳しく取り締まられる。

正式なライセンスを持つ企業とコンサルタントを確認してから依頼することがまず重要である。

|

ホテル日航東京で講演を無事終えてUSAに出張

CTCさんから依頼された「製造フォーラム2011」の講演を無事終えた。

CTCさんからの講演は数年前に行っているので、今回は2回目。

会場は台場のホテル日航東京、「ゆりかもめ」で東京湾を眺めながら会場入り。

訪れるといつも思うが良いホテルだ。

Photo_2

L1000248

下記の写真は講演者の控室。

Photo

講演前後に会場の様子を写した。

L1000243

下記は各企業がブースを出して展示している様子と各講演ホール前の通路。

L1000247

講演後にはパーティが行われ、企業の代表取締役の方やベテランエンジニアの方と名刺交換と歓談をおこなった。

L1000251

L1000250

週末はUSAに出張。

帰国後も仕事は詰まっている。

|

2011年10月19日 (水)

EAでモデリング設計とアドオンの作業を行うの巻

今日は午後以降、高度なモデリングを行うための調査とEAのアドオンを使った調査作業をしている。

Eademodel

クラス図からのコード生成や状態図からのコード生成など多数の機能を備えている。

実はオブジェクト指向の世界では、実のところまだまだ各技法を包括的に活用した場合の整合性の研究や効果が充分に整理・体系化されていない。

EAは豊富な機能を備えており、かつ、アドオンによる機能の追加が容易であるが、エンジニアの方がソフトウエア工学の知識を活用し、首尾一貫した整合性のあるソフトウエア開発ができていないのが現状だろう。

制御系のソフトウエアでは状態図が多用されコード生成に大きな意味を持つが、継承関係のリスコフ置換原理を理解していないエンジニアがまだまだ多いと思う。

特にC++で多重継承や深い継承ツリーを用いて設計をするときは、リスコフ置換原理は保守性を維持するためにも重要である。

リスコフ置換原理を遵守してサブクラス側で機能を追加するときに状態図の描き方と振る舞いの定義が重要となる(詳しくは別の機会にしたい)。

今回のEAを使った調査・研究には、ファウラーのアナリシスパターンの知識レベルのクラスやオデールのパワータイプのコード生成などもEAで簡単に行えるように検討している。

さらに、概念モデルで利用される多重分類や動的分類の構造を実装まで尊重してコードを作成したい場合には、どのように実装することが可能かを示す予定。

色々な実装の実現方法が考えられる。

まぁ、でも他の作業と並行して作業するから少し先になる予定である。

|

HSCIのオフィス・ビジネスGoods~全てアルミで統一されている2

HSCIのオフィスのビジネスGoodsの続き。

111018_112833

壁掛け用のシルバーの時計。

とにかく見やすい。シンプルisベストの典型。

111018_112652

こちらは卓上用のシンプルな時計。

もう5年くらい使っているが時刻が見やすい。

111018_112703

電卓。ちょっとした計算に便利。

ソーラーだから電池効果不要でエコ。

111018_112719

AppleのiPodだが最近はめっきり利用しなくなった。

111019_084027

乱視なのでホワイトボードなどを見るときに利用する眼鏡。

アルミ製のシルバー。ケースもアルミのシルバー。

オフィスで無造作に利用しても軽くて丈夫。

いずれも無印良品性。

111019_084105

アルミ製のカードケース。

オフィスの机の上に置きっぱなし。

111018_112752

オフィスの天井の壁。

コンクリートの打ち放しに最初から取り付けられていたライト。

111018_112929

卓上の小物入れ。クリップなどを入れている。

111018_113311_2 

茶筒。

|

2011年10月18日 (火)

CTC製造フォーラム2011で講演します~「ソフトウエア開発の成功方程式の解の公式」

今週の21日の金曜日にお台場にあるホテル日航でCTCさん主催の「CTC製造フォーラム2011」が開催される。

Ctc20111

「CTC製造フォーラム2011」の申し込みは下記のURLから行える。

http://ctcforum2011.com/

そこで私も講演するが、私の講演タイトルは;

「ソフトウエア開発の成功方程式の解の公式」

である。

Ctc2

”方程式”と”解の公式”と数学的な式をイメージさせるタイトルに登場するが、小難しい方程式を説明する訳ではない。

最初は解のアプローチを命題関数として表現しようとも考えたが、講演を聞いて頂く方が経営者や管理者も多いということで数式は使わない。

ただし、論理的な流れで日本のGDPや諸外国の製造業の最新状況を説明しながら、ソフトウエア開発で最も合理的かつ科学的なアプローチを説明する。

単に技術な話題に終始するのではなく、今日本の製造業がどのような状況に置かれているかを、巷の風評とは大きく異なる現状を科学的なデーターを使って示す。

データーが示す内容からハッキリと課題と解決に必要な行動パラメーターが抽出される。

それをメタファとして

「ソフトウエア開発の成功方程式の解の公式」

と名付けて講演する予定である。

講演後の週末からUSAに出張であるが、上手く日程調整が可能なため実現できた講演である。

|

2011年10月17日 (月)

HSCIのオフィス・ビジネスGoods~全てアルミで統一されている1

最近、オフィスの中が少しばかり散らかって来たので、整理をしている。

オフィスはアトリエのような環境にしている。

クライアントの作業や研究作業も行うから集中しやすい環境を維持することは大切だ。

エンジニアリングの業務内容であるからどうしてもPCやプリンターなどが数台ある上に、各種PC周辺機器や文具が多くなりがちである。

オフィスがコンクリートの打ち放しのデザインであるから、内装もコンクリートが基調になっている。

そこで、オフィスの文具や機材も全てオフィスの内装デザインに合わせて、飾り気の無いシルバーに統一している。

空間を広く確保できるように不要なものは排除し、すっきりさせるには余計なものは置かないことと、同じ基調で整えると視覚的にも解放感が出る。

写真はその一例。

111017_201754_2

PC、ペン立てと文具、USBメモリー、USBケーブル。

ペン立ては100円ショップで購入。

111017_202236_2

卓上用に使っているペンケース。

円柱状のものは無印良品の印鑑。

PCでの作業が多いので文具などはあまり必要なく、多くの作業は実際にはこの程度の文具があれば80%済んでしまう。

111017_202536_2

ニンテンドーDSと普段タフに使っているSONYのレコーダー。

111017_202311_2

結構長く使っていているセイコーの電子辞書。

これより後に購入した電子辞書よりも使い勝手が良いから、ついこちらを使うことが多い。

111017_202024_2

スポーツジムで使っているアップルのiPodシャッフルと普段使いのライカのカメラ。

111017_202559_3

夏に良く使う香水のアトマイザーと無印の印鑑。

文具のシルバー製品の多くは無印良品物が多いが、PC関係の製品はシルバーが多いから自然にシルバー系が多くなる傾向がある。

|

オフィスの「デジタルフォトフレーム」

最近購入したデジタルフォトフレーム。

オフィスに置いている。

日時はもちろん、温度、天気、地震情報も表示される。

余計なフレームデザインが全く無いので、アップルのiPadを少しばかり小ぶりにしたようなモダンなデザイン。

|

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »