« 「書籍より安く記憶に残る朗読CDは効果が凄い!」の巻~ゴフィー博士の「The 8th HAVBT」 | トップページ | 打ち合わせで渋谷道玄坂に行くの巻 »

2011年6月22日 (水)

外出時はクラウド環境がヴァーチャルオフィスの巻

仕事柄いろいろな打ち合わせで外出が多い。

最近は情報端末が広く普及して一般化した。

そのため、gmailのビジネスでの利用もほぼ市民権を得ている。

こうなると俄然、クラウド環境のメリットが加速する。

以前は、フリー環境のgmailはビジネス利用ではちょっと。。。という声もあったが、今はむしろ推奨されている。

やはりクラウド環境が完全に一般人にも更け入れられているからだろう。

Evernote、SugarSync、Dropboxなどを利用しないでビジネスマンの方が、ITリテラシーが低いと判断され、ビジネスの取引きの相手にされない状況が確実に進んでいる。

これは、サラリーマンはもとより、弁護士、医者、教師を含めてすべての業種に当てはまる。

とにかく、ITリテラシーが低い人は総じて仕事がきわめて遅い。

何事にも勘が鋭く、ITに対しても効率スキルを得ることができ人は、日ごろの業務の高いパフォーマンスが見てとれるし、基本的な業務遂行能率が確実に反映されている。

自分の業務のスタイルに最適化したクラウド環境の使いこなしができているか、いないかで、その人の能力が見て取れる気がする。

それと、鞄が軽くなる(私なんかほぼコレだけです)。

Image011

クラウド環境はすべて利用者から見て一か所(データー管理でサーバー的な視点では分散されている)に集中して管理されているので、とにかく荷物が少なくて済む。

メールはもとより、情報端末から記録したノートや作成した資料は、クラウド環境へアプリを通じてポイと入れれば荷物はまったく生じない。

SugarSyncでは、オフラインの状態でもデーターが見れるような方法もあるし、常にクラウド環境につながっていなくてもあまり問題ない。

|

« 「書籍より安く記憶に残る朗読CDは効果が凄い!」の巻~ゴフィー博士の「The 8th HAVBT」 | トップページ | 打ち合わせで渋谷道玄坂に行くの巻 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事