« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)

面白いシステム~成田空港で食事

成田空港で最近は食事をすることが多い。

成田空港の中のレストランのシステムは千差万別であるが、最近多いのがこのシステム。

街中の店では見かけないので空港など混むところ用のシステムか?

日本にいるときは日本食だな。

Image018 Image020

本当は静かで広々としたレストランで食事したいが、まぁ空港ではこんなもんだろうね。

国内の地方の空港の方が良いレストランは多いね。

|

2011年5月30日 (月)

SEIのCMMIライセンスと更新

SEI(カーネギーメロン大学院のソフトウエア工学研究所)のCMMIライセンスは毎年更新されていたが、それが一定の条件を満たせば3年毎で良い様になった。

国内の資格と異なり海外で取得する資格やライセンスは、取得後に実務実績が無いと更新できず、ライセンスの停止あるいは失効となる。

CMMIでも明確な実務実績条件が課されている。

また、毎年スキル維持や新しい情報の獲得の為にSEIがUSAで開催するWorkshopへの出席などが義務付けられている。

更新時に試験が行われることもあり国際ライセンスの資格やライセンスの更新はなかなか大変である。

無事、ライセンスの更新が認められるとライセンスの期限が印刷された認定書が毎回送られてくる。

Image0371

SEIではライセンスに大きく2つの種類がある。

1つは個人に与えられる資格、もうひとつは企業に与えられる資格である。

私の会社もSEIからビジネスパートナーとしてSEIが提供するサービスを活用して、世界中でコンサルティングが行える資格「SEIビジネスパートナー」というライセンスが付与されている。

「SEIビジネスパートナー」の資格を得ると、SEIで提供するさまざまなサービスを利用する権利を得ることができる。

(コンサルタントなどの)個人が資格を持つだけでなく、個人が所属する企業もライセンスをもたないとビジネスができない。

つまり、個人と企業の2つのライセスが揃って初めてビジネスを行える。

|

2011年5月27日 (金)

仕事で国分寺-小平に行くの巻

仕事の打ち合わせで国分寺と小平に行ってきた。

Image007 Image008 Image012 Image032 Image035 

中央線は新宿から離れれば離れるほど一駅間の距離が長くる気がする。

帰りは西武線で小平から西武新宿まで一本で帰ってきた。

慣れた新宿に戻ってくれるとホッとする。

|

2011年5月24日 (火)

スーパーマリオネーションの傑作~国際救助隊サンダーバードDVD

幼稚園の子供の頃、熱中してみていたNHKの番組に「サンダーバード」がある(再放送を見た)。

最近、CGを使ってリメイクしたサンダーバードの映画があったが、あれはまったく別物で、往年のファンに言わせれば”もどき”である。

さて、写真のDVDは、海外の原版ものなので英語版である。

全部で9枚のDVDから構成されるセットで全話収録されている。

L1000129 L1000130 L1000131 L1000132

英語であるので日本語は一切出ないが、英語の字幕を表示できるからリスニングの確認として英語の学習にも使える。

ただし、話している内容と字幕は微妙に異なっている。

作成された国がイギリスで、作成されたのが1965年ごろだから、エレガントなバリバリのブリティッシュ・イングリッシュである。

イギリス英語特有の単語や言い回し、発音およびイントネーションは、現在のブリティッシュ・イングリッシュと比較してもアメリカ英語との違いがより顕著だ。

ドラマだから美しい発音の声優を使っているせいもあるだろう。

面白い事に、ときどきアメリカ英語で発音する登場人物がでてくる。

声優がアメリカ系だからか、それとも国際救助隊であるサンダーバードが世界各国に行くために登場人物に応じてアメリカ系の英語で変化をつけているのかもしれない。

|

2011年5月22日 (日)

現代のプロジェクトマネージメント&事業戦略

近年はビジネスが複雑化するにつれて、プロジェクトマネージメント&事業戦略がより一層高度なものになってきている。

昔から不変の最重要項目に加えて、考慮しなければならないことが増えた上にビジネス規模が大きくなっていることが理由だろう。

組織戦略、経理、ITおよびOR的な科学的手法がごく普通に求められるようになってきた。

つまり、現代では組織戦略、経理、ITおよびOR的な科学的手法は、ビジネススキルとして不可分の知識体系であるということだ。

L1000122 L1000123 L1000124 L1000125 L1000127 L1000126 L1000128

このような知識は机上できちんと学ぶのは当然だが、実務を通じて実践して経験を積むことが非常に重要だ。

現場は常に応用であり、スピーディ対応しなければならない時代であれば実践を積むしかない。

一度、しっかりこのノウハウを現場の仕事を通じて身につけると、海外で仕事をするときも全く困らない。

世界共通のスキームであるからだ。

|

2011年5月 8日 (日)

茅ヶ崎行くなら今がGoodの巻き

GW最終日で快晴の今日は、久しぶりに江の島に出かけた。

真夏を思わせる日差しは、水面がキラキラ輝いていて最高の散策日和である。

Image0221 Image0281 Image0201 Image0301

|

2011年5月 3日 (火)

黄色いスイカ~子供の頃の日常が今再び

昭和40年代頃、子供の頃はよく見かけた「黄色いスイカ」は、一時期まったく見かけなくなった時代があった。

理由は不明だが、品種的に赤い会スイカよりも小ぶりなどの理由があったようだ。

ここ数年、また黄色いスイカが登場し結構見かけるようになった。

Image0071

黄色いスイカは甘みが赤いスイカより劣るイメージがあるようだが、決してそんなことは無い。

非常に甘く美味しいのだが、赤いスイカに慣れすぎているせいもあり、黄色いスイカがここまで甘いと不思議な気がする。

赤よりも黄色いスイカのほうがフルーティーな印象を与えるので、私としては好きだ。

子供の頃によく食した黄色いスイカの復活は嬉しい限りである。

|

2011年5月 2日 (月)

往年の名ギタリストの演奏~『GuiterMagagineフェスティバル』に行ってきた

5月1日は『GuiterMagagineフェスティバル』に行ってきた。

場所は東京ドームの後楽園園内の「TokyoDomeCityHall」である。

Image0051

午後3時からの開演で終了が21時30分の長~いライブ演奏である。

雑誌「GuiterMagagine」の企画なので、ジャンルはロック、ジャズ、フュージョンと多彩である。

出演者は高中正義、野呂一生、松原正樹、渡辺香津美、Char、etcなど多くのミュージシャン。

途中30分の休憩を2度ほど入れて6時間に渡るライブである。

会場には色々なギターメーカーのギターが展示してあった。

帰るときはすっかり暗くなっていていた。

Image007 Image009 Image010 Image011 Image012 Image013 Image014 Image015 Image019 Image022

Image030_2 Image033 Image023 Image032

|

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »