« 計画停電奮闘記~交通機関の特別ダイヤ&オフィス停電&レストランの限定メニュー | トップページ | ビジネスミーティングが目白押し »

2011年3月23日 (水)

30年以上経って初めてしった名曲「神田川」とかぐや姫~「ただあなたの優しさが怖かった。」の意味

日本経済が元気が無いせいか昭和の時代を懐かしむ話題が多い。

そんな中、私が子供の頃ヒットした名曲「神田川」について最近色々なことを知った。

さて「神田川」の秘密(ファンの方は既に知っているかもしれない)を書く前に少し復習。

神田川はフォークグループ「かぐや姫」の歌であるが、この頃のフォークは「4畳半フォーク」などと呼ばれ、独自の世界観を歌い上げていた。

実際、「4畳半フォーク」時代の中心にあった世代はいわゆる「団塊の世代」と思う。

学生紛争、安保闘争が凄まじく、単に一過性の運動と言うレベルでは無かった。

戦後から復興し徐々に経済発展をしていた日本だけれども、まだまだ貧しい時代である。

だから「4畳半フォーク」。

さて、「神田川」の話に戻ると、神田川の歌詞の中で、

『若かったあの頃、何も怖くなかった。ただあなたの優しさが怖かった。』

と言う有名なフレーズがある。

このフレーズの前半「若かったあの頃、何も怖くなかった。」は、まぁ良い、誰でもすんなり理解できるというか共感できる。

問題は「ただあなたの優しさが怖かった。」の部分だ。

この部分は多くの方がどういう意味だろうと思ったに違いない。

私はこれまでずーっと、

「幸せだけれども、若い2人はいつまでこの幸せが続くのか、それがを考えると怖い」

なんじゃないかと勝手に解釈していた。

ところが、実際は全く異なっていた。

「神田川」の作詞は、喜田条忠氏で文化放送の放送作家だったそうだ。
学生時代の経験をベースに「神田川」の作詞をしたそうである。

当時、学生紛争のさなか若い人間の多くは「世界を変えるんだ」と強い意識を持ち、学生紛争に参加していたが、疲れてアパートに帰ると恋人が黙って夕食を作ってくれている。

ふと、教員免許でもとって静かに二人で暮らそうかなと頭をよぎることがあり、自分の信念がグラつきそうになる恋人の優しさが唯一怖かったそうだ。

これが「ただあなたの優しさが怖かった。」の意味である。

これを知って長い間の疑問が氷解したと同時に驚いたのは、この「神田川」の歌詞は女性から見た視点ではなく、男性の視点からの歌詞であることだ。

これまでこの歌詞の主人公は女性だっと思っていた。

改めて歌を聴くと、確かに歌詞の主人公が女性と断言できる部分はない。

出だしの

「あなたはもう忘れたかしら、赤い手ぬぐいマフラーにして~♪」

からしてすっかり女性が昔を回想し語りかけていると信じて疑わなかった。

しかし、喜田条忠氏のコメント通りならば、回想して語りかけているのは男性の方だ。

「ただあなたの優しさが怖かった。」と回想しているのは男性なのだから。

歌詞の中の銭湯の外で待たされていたのは男性の方だったのか!?

それでも、全体の印象や言葉から女性目線の歌詞と捉えるのが自然気がする。

おそらく、作詞した喜田条忠氏は、ストレートに男性の視線で歌詞を書くのではなく、上手く女性視線に置き換えたのではないかと思えてくる。

さて、「かぐや姫」はNHKの紅白歌合戦にこの「神田川」で選出されたが辞退している。

理由は2番の歌詞に「クレパス」という商品名がでてくるので、これをクレヨンに変更して欲しいというNHK側の意向を拒否したためである。

これもへぇーと言う感じの裏話だ。

まだ意外な事があり、人気アニメ「海のトリトン」のオープニングテーマ(後にエンディングテーマに変更)を僅かの間唄っていたことだ。

youtubeで見ることができる(http://www.youtube.com/watch?v=VCoH1UQKVgc

|

« 計画停電奮闘記~交通機関の特別ダイヤ&オフィス停電&レストランの限定メニュー | トップページ | ビジネスミーティングが目白押し »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事