« 映画「ノルウェーの森」を見てきた | トップページ | 大衆文学のような漫画「博多っ子純情」 »

2010年12月26日 (日)

表参道ヒルズと岡本太郎記念館

  今日は仕事で青山に出かけた。

休日の仕事だったのでさほど長い時間ではなく午前中に打ち合わせを終了して午後はフリー。

青山はソニー時代にオフィスがあったので、毎日通勤した。

それでも一口に青山と言っても結構広いので、しばらく行っていない場所も多い。

今や銀座よりも高級店は青山の方が多く、超一流デザイナーの路面店がびっしり並んでいる。

高級なものばかり売っているので、金銭感覚がマヒしてくる感じすらする。

トレンチコートが1着35万円もするが、結構安いなーなんて思えてくる。

さて、今日はせっかく休日に青山にきたので、岡本太郎記念館と表参道ヒルズに行ってきた。

岡本太郎記念館は、岡本太郎のアトリエを記念館にしており、その当時のアトリエがそのまま観ることができる。

場所は「Tokyo Blue Note」の目と鼻の先にある。

Image010 Image012 Image011 Image0062

館内は写真が自由なのでパチャパチャ写してきた。

Image014 Image015 Image020 Image019 Image024 Image026 Image027 Image028 Image032 Image033 Image055 Image059 Image054 Image058

一方、表参道ヒルズは実は初めて行った。

Image068 Image069 Image001 Image002 Image011 Image016 Image023 Image030 Image027 Image028 Image012 Image013_2 Image029 Image004_2

学生時代や20代のころ、同潤会アパートのときは、結構歩いたのだが、今のような混雑した並木道はうんざりして歩く気もしない。

以前は、海外のブランドの店などもあまりなく、非常に落ち着いた並木道で、同潤会アパートには人も住んでいたし、個人の雑貨屋がひっそりとアパートの一室で小物や服を売っていた本当に良い並木道だったけど。

当時はバブル真っただ中であったが、同潤会アパートのこの辺は、落ち着いた雰囲気があり、知識人が住んでいる雰囲気があった。

学生の時には値の張らないTシャツやスエットシャツを時々買ったりしていたが、今やミーハーの場所になってしまったね。

表参道ヒルズの建物は見事だけど、並木道の場所はひどいところに変わってしまった。

|

« 映画「ノルウェーの森」を見てきた | トップページ | 大衆文学のような漫画「博多っ子純情」 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事