« UMLモデリングツール”astah”のiPad版が出た | トップページ | James Odellのオブジェクト指向分析・設計の書籍 »

2010年12月22日 (水)

完全無欠自己満足系フレグランス~POLOラルフローレン

メンズフレグランスも女性のフレグランスとあまり大差ないような甘ったるい香り(今風の言い方をするとユニセックス風の香り)が多くなっている。

そんな中、流行を完全に無視し、孤高の自己満足系世界のフレグランスがある(あくまで個人的な意見)。

それがこのPOLO。

Dsc07193

ボトルデザインからしてモダンなデザインではなく、クラシカルでブルジョアなデザインだ。

最初この香りを嗅いだとき、このような香りがフレグランスとして成立するのかと思った。

しかし、なれると中毒になるくらい魅力的な香りに感じる。

10代にはあまり向かない。30才以上からの香りだと思う。

なお、残念だが女性には基本的には全くと言っていいほど好まれない香りの様で、男性の自己満足系と言うか自己陶酔系の香りだな。

もっとも男性でも好き嫌いがはっきり分かれる香りだろう。

ラルフローレンにもう1つ男らしい香りのフレグランス「サファリ」がある。

こちらは女性にもファンが多い香りなのに対して、「POLO」の香りを好きという女性は1000人に1人いるかかいないかではないだろうか(あくまで個人的見解)。

甘い香りや爽やかな香りを好む人向きではない。

商品コピーにも「マスキュリンな香り」とあるように、この香りが好きでない人にはハッキリいって臭いと思う(笑)。

なので万人に良い香と思われたいフレグランスを選びたいなら、別のフレグランスを薦める。

ラルフローレンには幾つもの他のメンズフレグランスがあるが、このPOLOが最初に発売されたフレグランスでありながら、国内では以外に他のラルフローレンのフレグランスより入手しにくい様で値段も安くならない。

まぁ、日本人好みの香りではないのかもしれないし、昨今の若い男性は女性的なフレグランスを好むからな仕方ないな。

|

« UMLモデリングツール”astah”のiPad版が出た | トップページ | James Odellのオブジェクト指向分析・設計の書籍 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事