« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月27日 (水)

iPod Touchの第四世代機の購入~クラウド時代のPDA

iPadに続き第四世代のiPod touchを購入した。

これも業務で必要であるからだ。

iPhoneという選択もあるが、電話は電子マネーが使えないと困るので、電話機能を省くとほぼiPodになるから、iPodという選択になった。

Image039_2

iPodというとポータブル音楽プレイヤーと言われたのは過去の話で、現在は音楽プレイヤーは、単なる機能の1つにすぎない。

iPodは今やWi-Fiなどの無線LANにつないでクラウドを活用する情報端末としてに位置付けが極めて強い。

クラウドというと企業の業務で活用するイメージもあるが、子供、学生、主婦を含む個人用のクラウドの端末機器として活用できる。

特にPCや携帯電話を含む情報端末間のデーターの連携やデーターのバックアップなど、活用すれば便利な事この上ない。

クラウドに馴染みのない一般の方にとって、クラウドのイメージを掴むためや、メリットを感じるためには丁度良い端末と利用方法ではないだろうか。

典型的にはGooleが提供するクラウド空間との連携が利用しやすい。

逆に言えば、クラウドを前提とした使用をしないとipodはあまり効果的に活用できない。

iPhone、iPodおよびiPadの仕様や設計思想がクラウドをクラウドを活用する前提で行われているからだ。

iPodを単なる音楽プレイヤーとしてのみ活用するなら、nanoやシャッフルあるいは他の安価なMP3プレイヤーの方が使いやすいかもしれない。

音楽プレイーヤーに特化しているので小さく、軽量で操作が楽だからである。

|

2010年10月25日 (月)

SONYのICレコーダーはなかなかGoodだ!

つい最近SONYのICレコーダーを購入した。

ICレコーダーは以前から使っているが、そろそろ新しいICレコーダーの買い替えの時期が来ていた。

最近は、携帯電話などでもレコーダー機能が付いているが、やはりICレコーダー専用機器の方が使い勝手が極めて良い。

iPod Touchの第4世代(現時点で最新機種)もクラウド端末として使用しているが、音楽を行くとバッテリーの消耗が速いし、機能的にあまり使い勝手が良くない。

今回のこのICレコーダーは、今では良く見られるUSBがワンタッチで飛び出す構造である。

Image033 Image034 Image035 Image036

値段もかなり安くなっているし、直感的な操作で素早く録音や再生ができる。

購入したのは上級機種ではないが、これでもう十分と言う感じである。

会議やボイスメモは当然だが、語学の利用で購入する人も多い。

3秒前にワンタッチで戻れる機能、10秒先に進める帰納があるからで、これが語学学習には結構便利なのだ。

リサイクル用の単四電池を用いてUSB経由でPCから充電して使うからエコになる。

そのうえ、非常に小さく、軽いためにポケットに入れても苦にならない。

これまで以上に活躍してくれそうなICレコーダーである。

|

2010年10月22日 (金)

「ipad」が届いた

仕事で必要になり急遽購入したiPad。

仕事で使うのでシンプルに使う予定。

主に電子データーや資料を素早く確認するときに威力を発揮しそう。

Ipad

|

2010年10月21日 (木)

建築家「安藤忠雄」の手帳の中身~手帳ブームを再考する

10月も終盤に差し掛かり、そろそろ来年のカレンダーや手帳が文房具コーナーや書店に登場し始めた。

色々な雑誌で手帳の特集が多く見られるようになってきた。

日本人は趣向を取らした手帳に興味が高く、手帳の売れ行きも良いようだ。

手帳選びは、手帳好きの人にはなかなか楽しいものだ。

最近の傾向は手帳で人生のプランニングを行い、如何に毎日を充実させて過ごすかという傾向が強い。

7つの習慣で有名な「フランクリン・プランナー」はその代表格である。

また、日本では色々な著名人が自分の手帳術を雑誌や書籍で紹介している。

私も手帳はビジネスツールとして重視しているのだが、実はなかなか自分にぴったりな手帳にたどり着けない。

また、手帳そのものに入れ込み過ぎても、目的と手段が逆転し本末転倒してしまうので注意している。

最近は極シンプルな手帳に落ち着いてきている。

自分自身の士気が高い時は、手帳に最低限のスケジュールとメモで理想に近い活動ができる。

一方、どんなに手帳が優れていても結局使い手の意識次第である。

さて、世界的な建築家であり、驚異的なスケジュールをこなす安藤忠雄氏の手帳が、雑誌「CASA」で掲載されたことがある。

Image0381

安藤忠雄氏がどんな手帳を使い、どのようにスケジュール管理してるのか興味しんしんであるが、写真で見るからには手帳はシンプルである。

しかし、その中身が凄い。これだけびっしりとスケジュールが書きこまれているのを見たことがない。

逆に安藤忠雄氏は、この手帳だけで世界中からの依頼の仕事をこなしているようだ。

やはり、最終的には手帳の仕組みではなく、どれだけ高い意識で仕事や私事に対応するかなのかもしれない。

|

2010年10月13日 (水)

USの景気と大統領オバマの評価

US滞在中、景気と大統領オバマの評価を現地の人間何人かに聞いてみた。

ネバダ州のラスベガスということもあり、大統領オバマの評価は最悪に近い。

リーマンショック以降、ネバダ州は失業率が14%台であり、もっとも景気が悪い州の1つになっている。

単に景気が悪いからオバマの評価が低い訳ではないようだ。

まず、前大統領が酷過ぎたために、オバマ氏なのだが、もともとこれと言った実績や具体的な戦略を持ち合わせていないために、今後も期待できないというのが多くの人の評価のようだ。

簡単に言えば、オバマ氏の底が見えたと言えよう。

TVではアメリカの累積負債の深刻さを説明する、放送が常に見て取れる。

州によって多少のオバマ氏の評価は異なるが、USの人間の多くがオバマの再選は無いと言い切っている。

ラスベガスという土地柄別の州から来ているアメリカ人も多く、「No more オバマ」は、単にネバダ州だけの意見ではない。

「We can change」のフレーズによる一発屋というのが、どうやら今のオバマ氏の評価のようだ。

「核廃絶といいながら」核の実験も再開したし、このオバマ氏は何を考えているのかね?

ノーベル平和賞を返納した方がいいと思うが、オバマ氏にはそのような常識的知性はないようだ。

Dsc07108

|

US出張~ザイオン国立公園に行く

USから既に帰国したが、US滞在中の最終日の前日には、「ザイオン国立公園」に出かけた。

ラスベガスから車で3時間くらい。

朝早くラスベガスを出発し、長~く続く道を景色を眺めながらドライブ。

ラスベガスがあるネバダ州からからユタ州に入る。

ザイオン国立公園は、アメリカ的なハイキングコースが楽しめる公園である。

写真のように険しい谷間をハイキングできるが、バスでも峡谷の眺めを楽しむ事ができる。

ロッククライミングや川下りやフィッシングも盛んである。

P.S.:アイザワさん、2日間大変お世話になりました。

Dsc06912 Dsc06916 Dsc06944 Dsc06968 Dsc06992 Dsc07014 Dsc07022 Dsc07045 Dsc07086 Dsc07067 Dsc07092 

|

2010年10月12日 (火)

US出張から戻ってきた~年末から年度末に向けて怒涛の多忙さと集中をする

昨日11日の夕方にUSから帰国し、今日はAM中に出張中の仕事の整理や経費の整理をし、午後から早速クライアント先でコンサルテーションである。

年内から年度末に向けて仕事は英語で行うことが多くなる。

また、別の仕事では高度な理論を用いた工学理論の作業があり、内容的に相当タフな作業が続く。

さて、US出張中であるが、色々情報を得たし、刺激も多くあった。

US出張中にお世話になった方で、現地に大学時代からずーっと住んでいる日本の方(Iさん)がいた。

大学もUSの大学を卒業し、そのまま仕事もUSでづーっとしているから、英語は完全にパーフェクト。

Iさんの仕事は旅行関係の仕事に就かれているが、アメリカ人として暮らしているので、完全にネイティブだ。

グリーンカードを取得することを検討していると言っていた。

日本では勘違いされやすいが、TOEIC900以上や英検1級は、実はさほど高い英語の実力では無い。

まだまだ、TOEIC900以上や英検1級取得程度では、英語に関する課題は多いのだ。

さらに、たとえ海外の大学や大学院を出て、海外の居住経験が数年あっても、なかなかネイティブ並みにはならないから、外国語の壁は高い。

私の知人でも海外の大学や大学院を出て、海外で居住経験が数年ある方は多い。TOEIC900以上と英検1級の両方を取得している方も多い。

それでも、どの方も英語の課題はまだまだあると口を揃えて言う。

今回、アメリカ人の知人やアメリカで暮らしているIさんとの会話を通じて、日本国内の通念は全く意味がないことを再確認した。

Iさん位に英語ができるとUSの生活も本当に楽しいだろうね。

今回の出張で、Iさんから得た色々な刺激と情報を上手く活かして行きたい。

|

2010年10月 9日 (土)

US出張~デスバレー(Deth Valley)に行く

US時間の10月8日はデスバレーに出かけた。

夜にホテルで仕事を行えば、昼間は時間ができる。

Deth Valleyは、ラスベガスから最も近い国立公園の1つであり、車で2時間~3時間程度で行くことでいる。

TVで登場するようなどこまでも真っ直ぐな道を行くよう風景が続く。

ネバダ州やネバダ州に近いカリフォルニア州(ネバダ州と接している)では、スペイン語系の単語や歴史的話が多い。

Canyonもスペイン語系の単語。

死の谷(Deth Valley)呼ばれるの移民の人たちの歴史的な話が元となっている。

このDeth Valleyは、SF映画や西部劇の映画で頻繁に撮影で使われた。

一例として、「猿の惑星」や「スターウォーズ」が有名どころ。

雨が少なく空は真っ青。

Deth Valleyは、アメリカ本州では最も暑い場所である。

西半球で最も標高が低いことでも有名である。

以前は海の底であったために、塩の平野が広がっている場所もある。

Dsc06853 Dsc06728_2 Dsc06747 Dsc06743 Dsc06753 Dsc06763 Dsc06770 Dsc06783 Dsc06754 Dsc06828 Dsc06844 Dsc06796   

|

2010年10月 8日 (金)

US出張~グランドキャニオンに行く

今回のラスベガス出張の空いた時間を活用して、飛行機でグランドキャニオンまで出かけた。

ラスベガスから45分程度のフライトでグランドキャニオンの近くに空港に行き、そこからバスとなる。

飛行機のフライト中は、雄大なコロラド川やアメリカ人が死ぬまでに一度は見たいと言うと言う大きなダム(黒部ダムの見本となったダム)が見ることが出来る。

バスの移動中もグランドキャニオンのある森林公園が素晴らしく、これも十分楽しめる内容となっている。

天気が良かったので景観は最高であったが、標高が2000m以上あるので長袖の上着を着ていても肌寒い。

冬は-30度Cになるそうだ。

地層や空の青さおよび雲が非常に特徴的に見えた。

向こう岸が平らに見え、こちらと同じくらいの高さに見えるが400mほど向こう岸が高いそうである。

こちらから、向こう岸までの距離は15kmあるそうだ。

Dsc06573 Dsc06578_2 Dsc06550_2 Dsc06519 Dsc06525 Dsc06538 Dsc06674 Dsc06665 Dsc06675_2

|

2010年10月 7日 (木)

US出張~最終日のセッションが終了1

  最終日のセッションを早めに終了し、モノレールでMGMグランドホテルに向かった。

カジノで少し(結構?)プレイをし、その後ヒルトンホテルに向かう。

Dsc06358 Dsc06402 Dsc06389 Dsc06376_2 Dsc06413_4 Dsc06396_2

|

US出張~最終日のセッションが終了2

今日でワークショップの全てのセッションが終了する。

昨日の夜はソニー時代に日本で時々仕事をしたアメリカの方とラスベガスの日本食「HAMADAYA」で食事。

今日の最終日は、夕食を日本から来ているこのセッションに出席している人たちと有名なステーキハウスで食事をし、楽しいひと時を過ごした。

食事後、ラスベガスの中心地を散策した。

Dsc06449 Dsc06460 Dsc06466_2 Dsc06491 Dsc06479 Dsc06464 Dsc06448 Dsc06502

|

2010年10月 6日 (水)

US出張~2日目のセッションが終了

ラスベガスは日中の日差しはものすごく強いが、湿度が低いせいか蒸し暑さはない。

また、夜は結構涼しく、風がある日は半袖だとかなり涼しい。

今日で2日目のセッションが終了し、最も重要な部分は大体聞くことが出来た。

明日は最終日であるが、私は明後日以降も用事でしばらくラスベガスに滞在する。

Dsc06287 Dsc06284 Dsc06289

|

2010年10月 5日 (火)

ラスベガス出張で飛行機でみた映画~孔子(Confucius)

海外出張のときの飛行機の中は退屈であるが、今回は珍しく映画を多く見た。

いつも飛行機の中では映画をあまり見ないのだが、今回は見たいコンテンツが比較的あったからだ。

その1つのが「孔子(Confucius)」である。

1 2

今の日本人には残年だが、孔子や論語は全くなじみが無いと思う。

紀元前500年以上前の人物だが、高弟たちにまとめられた論語の内容は圧倒的かつ普遍の内容誇っている。

書籍「7つの習慣」が日本でも流行っているが(良い書籍であることは認める)、こういう書籍に熱心な読者ほど論語を見たことも無いのだろう(7つの習慣はかなり論語の内容に近い、そして論語の方が包括的な内容である)。

日本人が昔のように論語を読んでいれば、書籍「7つの習慣」がいまさら流行ることもない。(嘘だと思うなら丹念に論語を読み込むと良い)。

残念だが、今の日本人は論語を忘れてしまったこらこそ、西洋からきた成功哲学におぼれる状態なのだろう。

それにしても論語を読み、映画「孔子(Confucius)」を観ると、いまさらながら如何に孔子が天才中の天才かが理解できる。

|

2010年10月 3日 (日)

成田~サンフランシスコ~ラスベガス

ラスベガスのホテルに着きシャワー後に、一眠りしてブログを書いている。

成田からサンフランシスコ空港で中継したが、結構待ち時間があった。

プライオリティ・パスの使えるラウンジに入り、2時間ほど時間をつぶし、その後空港内で食事や読書をして時間を過ごした。

サンフランシスコは気温が18度Cくらいで結構涼しい。

けれどサンフランシスコ特有の快晴で青い空を見ると日本よりも暖かいイメージが沸く。

一時間位の国内線に乗りラスベガスに着いたのは夜の8時くらい。

空港からタクシーでホテルまではそれほど距離が無いから、10分程度の距離。

|

2010年10月 2日 (土)

飛行機に搭乗

これから飛行機に搭乗。

サンフランシスコの乗り継ぎの関係で18:15分発の便。

この時期は18:00くらいでも結構暗くなるから、夜間フライトの便となる。

飛行機に搭乗

|

アメリカ出張で成田空港に向かい中

今日からUSへ出張となる。

ロマンスカで新宿に出て、新宿から成田エクスプレスで今東京を出るころだ。

今回の目的地は、ラスベガス。

ラスベガスは4,5年ぶりで2回目となる。

今回はJALとUSエアウウェイズ。成田空港は第二ターミナルビルである。

アメリカ出張で成田空港に向かい中
アメリカ出張で成田空港に向かい中
アメリカ出張で成田空港に向かい中

|

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »