« 書籍「いかにして問題をとくか」~問題解決フレームの原点の書 | トップページ | 「海の日」なので茅ヶ崎に行くの巻 »

2010年7月14日 (水)

ラルフローレンのバービードール

飾り気の無い部屋の中で唯一飾り物(インテリア)として飾っているのが、この「ラルフローレンの服を着たバービー人形」である。

私の場合、仕事着を中心にスーツ、ネクタイ、ジャケット、コートなどはほとんどがラルフローレン。
#オジサンになると、なかなか服の選択の余地が無くなるが、ラルフローレンはクラッシクな雰囲気で安心して着られる。

そのため、このバービー人形に興味があって購入したのだ。

Image003_2 Image005 Image004

このバービー人形は良くできていて、着ている服は、ラルフローレンの定番ラインで、実際に売られている(いた)服と同じなのだ。
#コートは脱着可能。

エンブレム付きの紺のダブルのブレザー、ツィードウールのスラックス、ウールのタートルネック、キャメルのダブルのコート、ブラックウオッチのバック、シンプルなパンプス。

実際に私も紺のダブルのブレザー、キャメルのダブルのコートを持っているが(もちろん私のはメンズの服)、デザインをそっくりまねているので驚きである。
#コートの裏地の質感やブランドタグまでまねている。

なお、アルマーニやカルバンクライン、イブサンローランなど他のデザイナーのバービー人形も発売されている。

面白いのはそれぞれのデザイナーの服に合わせて、バービー人形の顔や化粧が大きく異なる点だ。

アルマーニのバービー人形は、かなり妖艶な顔立ちと表情しているが、このラルフローレンのバービー人形は、アメリカの典型的なオフィスレディを意識したような感じになっている。

|

« 書籍「いかにして問題をとくか」~問題解決フレームの原点の書 | トップページ | 「海の日」なので茅ヶ崎に行くの巻 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事