« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月30日 (金)

2010年7月の『SEI公式CMMIver1.2入門トレーニング』開催のご案内

(株)イーエルィさんのトレーニング会場をお借りして

『SEI公式CMMIver1.2入門トレーニング』を2010年7月28日~30日に開催

します。

このコースはSEIの正式なCMMI資格を持つインストラクターによるコースです。
CMMIのアプレイザルメンバーの参加資格SEIが提供するより上級のトレーニングコースを受講する場合の受講前提コースとなっています。

コース終了時にはSEIからの認定書が受講者に付与されます。

Cmmilogo Cmmi_2c_cmyk_2

申し込みは(株)イーエルィさんのコース案内のWEBから申し込みができます。

コース名の「CMMI入門-プロセス改善の概念と枠組み-」をクリックしてください。
http://www.elt.co.jp/schedule.html

『SEI公式CMMIver1.2入門トレーニング』の詳しいコースカリキュラムは、下記を参照してください。
http://www.elt.co.jp/elt_course_detail/hsci_cmmi.html

=HSCI Takanari Hashimoto(URL:http://hsc-i.com/)=

|

2010年4月29日 (木)

『ソフトウエアシンポジウム2010横浜』のお知らせ

『ソフトウエアシンポジウム2010横浜』が2010年6月9日(水)~11日(金)で開催される。

今年で30回であるからソフトウエアでは歴史あるシンポジウムだ。

場所は横浜開港記念会館である。

趣あるレンガの建物だ。

詳しくは下記URLを参照のこと。

http://www.ss-2010.org/home

=HSCI Takanari Hashimoto(URL:http://hsc-i.com/)=

|

2010年4月 7日 (水)

映画『冒険者たち』と資生堂『MG5』とノスタルジーと。

フランスの映画で『冒険者たち』というのがある。

Photo

名作の誉れが高い映画だ。

この映画非常の多くの人々に影響を与えたようで、特に作家やクリエーターの方に強く影響を与えている。

この映画は日本で超有名俳優であるアランドロンが主演している。

この映画を初めて見たのは高校一年であるが、リアルタイムでなくTV放映で見た。

原作はフィルムノワール色(フランス版任侠映画)強いが、映画は上手く青春群像的な描き方をしていて優れているとキネマ旬報に紹介されていた。

最後に流れるアランドロンが語りかけるように歌うシャンソンのテーマ曲も良い。

だが私が最初に見たときは特に強い印象を受けなかったので、極めて多くの人が影響を受けた理由が分からなかった。

ストーリは、男2人女1人の3人が織りなす船上での宝物探しをする自由な暮らしを描いているところが、多くの若者に影響を与えたらしい。

二枚目のアランドロンがヒッピー風の長髪に伸びた髭で船の上で生活し、宝探しをする光景があこがれの対象なのだろう。

その影響は結構凄く、今現在でも色々な物や人から実は映画「冒険者たち」に影響を受けたと聞くことが多い。

なお、ストーリーは異なるが非常に似たスチュエーションの日本映画として「黄金のパートナー」という宝物さがし映画が作成されている。

「冒険者たち」は、MG5のコマーシャルにも影響を与えている(書籍「MG5物語」より)。

Mg5

MG5のコマーシャルは、商品を前面に出す広告ではなく、視聴者に憧れのライフスタイルをイメージさせる方法で成功したが、MG5のコマーシャルシリーズの中で、冒険者的男女3人がコマーシャルに登場するものがあるから直ぐ分る。

MG5がロングセラーなのは、当時若かった視聴者に憧れのライフスタイルをイメージさせる方法が今現在も成功しているからだと思う。

MG5のコマーシャルは昭和55年に打ち切られているが、昔から使っている人はMG5を使い続ける傾向があるという。

MG5の価格が安いからでは無く、当時の思いでをMG5に投影しているからだという。

これも1つのノスタルジーなのか?

VANジャケットやその後DCブランドブームなど中年になってもVANを着る人や、BIGIやJUNを着る人が多いのはそのせいかもしれない。

=HSCI Takanari Hashimoto(URL:http://hsc-i.com/)=

|

2010年4月 6日 (火)

ソフトウエアアーキテクチャと建築アーキテクチャ

世間で「アーキテクト」というと世界共通で建築家を指す。

ソフトウエア業界の人間に建築家で知られている人に、米カリフォルニア大学のC.アレキサンダーがいる。

1970年代に執筆した「パタン・ランゲージ―環境設計の手引」結構知られているのだが、デザインパターンのエリック・ガンマ達などパターンを発展させた人々が引き合いに出したからだ。

しかし、建築業界においてアレキサンダーは、実はあまり影響力を与えておらず、ソフトウエア業界の人間が騒ぐほど有名ではないとのことだ。

建築業界の人でも知らない人が多い。

現代建築で建築業界で影響を与えた海外の建築家(アーキテクト)というと、ル・コルビジェだ。

米カリフォルニア大学のC.アレキサンダーより年代的には古いがその影響力は凄い。

現代建築のデザインを確立した人と言われる。

コンクリートの打放し、ピロティ方式、ファサードの自由さ、大きな窓による光源の確保などなど。

安藤忠雄や黒川紀章にも当然影響を与えている。

現代建築はでは一戸のパターンというレベルではもはや話に成らず、都市設計という俯瞰した大局的な視点が必要となる。

時間が経つにつれて、周囲に色々な建設物が作られていくが、都市としていかに調和をとりながら発展していき、機能を充実させるかが大切となる。

こうなると、かなり思想的なレベルからの設計コンセプトや方法論が重要となる。

そのため、世界的に有名な建築家の思想やコンセプチュアルなデザインが多くの建築家にとって有益な情報となり、知識の再利用として影響を与える。

世界的に有名な建築家ほど、建築以外の知識が豊富である。

さて、私の住んでいるマンションも現代建築の基本を踏襲している。

と言うより、そういうマンションを選んだからだ。

ステレオタイプになりがちなゼネコンが建てたマンションが嫌いで、建築家が誰かが分かっている方が良いし、現代建築の要素が含まれているところに住みたかった。

写真から分かるようにコンクリートの打放し、広いピロティで建物を持ち上げる、大きな窓による採光、などなど原則が全て含まれている。

Image068 Image073 Image077 Image074 Image079_2

=HSCI Takanari Hashimoto(URL:http://hsc-i.com/)=

|

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »