« 東京スカイツリーが見える~新東京タワー | トップページ | 最新技術&テクニカルイベント~今年は色々な企画を計画中 »

2010年3月10日 (水)

発泡酒、第3のビールおよび清酒の融米造りは食文化と競争力の崩壊を招く?!

日本には他の国には無い、発泡酒と第3のビールというのがある。

デフレと異様な効率化がもたらした日本のビールと清酒は国際競争力の低下になるのではないかと思う。

ヨーロッパやアメリカなどに行くとアルコール(スコッチ、ワイン、バーボン、ビール、ウォッカetc)は重要な食文化として位置づけられ、製法や使用する原材料に厳しい法律が定められている。

そのために素晴らしいアルコールが多い。

一方、安価で気軽に飲める発泡酒、第3のビールは消費者に歓迎されるが、正直やっぱり味はビールと比較すると相当に落ちる。

海外で誰が愛飲するのかと思うほど、発泡酒、第3のビールは日本人しか飲まない。

このような発泡酒、第3のビールを作っていて海外競争に勝てるのかなぁ?(素朴な疑問)

清酒でも「融米造り」という製法がある。

清酒の製法にあまり知識がない消費者は、「融米造り」と聞いてもピンと来ないが、正直清酒の製法というよりも工業製品のアルコール製造と言う方が近いような作り方で(工場で大量にでき、一見化学製品を作るような徹底した品質管理ができる)、昔から行われている古き良き清酒の製造方法とはかなり雰囲気が異なる。

品質の一定を保てることや、原材料の税金の問題などメリット(コメのまま輸入すると税金が高いので、米を液状・糊状にして輸入:つまり外国の米で造るメーカもある)もあるが、風味や味は落ちるようで、味にこだわる人には人気が無いみたい(好みもあるからこの辺は一概には言えないが)。

融米造りは地酒の造り酒屋では用いられず、基本的に大手酒造メーカーが用いている(近代的な設備もいるので地酒メーカーは作れないという理由もある)。

言いたいのは、「融米造り」が悪いということよりも、昔ながらの方法をあえて残すことが必要ではないかと思う。

日本酒が紙パックに入っていたり、ポリの容器に入っているのは便利かもしれないが、そういう問題では無い気がする。

ビンに入っているカップ酒はまだしも、ブリックパックや紙のカップの日本酒は飲む気がしない。

ビールも価格競争が激しく、味はあまりどうでもいいみたい。

「よなよなエール」などは外国人にも有名だが、それ以外の日本のビールは海外の人にはあまり人気が無い。

ビールに個性が無いという。

(余談:日本のコマーシャルを見ていると”モンドセレクション金賞受賞!”ってあるけど、モンドセレクションは、国際的には価値が認められていない=>あまり知られていないコンテストで、海外企業から出展があまりない。モンドセレクションに参加企業の4割~過半数が日本企業であり、日本企業が出展した製品の7~8割が入賞している状態である。参加にはお金が掛る。一見金メダルのようなイメージは完全なコマーシャル的なレトリック。金賞を含め各賞は絶対評価なので多くの製品が賞を取ることが可能。しかも、味の審査だけでなく表示と中身が一致しているか、品質なども対象であるため、日本企業の高品質製品なら大抵受賞可能。)

外国人はビールにおいて、それぞれの銘柄の個性を求めており、それだけに味にウルサイ。

発泡酒と第3のビールがさらに過激さを増すとどうなるのだろう。

先進国の中で日本ほど、アルコール文化が崩壊した国は無いかも知れない。

メーカーの問題というよりも国の食文化を軽視し、規制などを何も設けない問題だろうか。

=HSCI Takanari Hashimoto(URL:http://hsc-i.com/)=

|

« 東京スカイツリーが見える~新東京タワー | トップページ | 最新技術&テクニカルイベント~今年は色々な企画を計画中 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112989/47776025

この記事へのトラックバック一覧です: 発泡酒、第3のビールおよび清酒の融米造りは食文化と競争力の崩壊を招く?!:

« 東京スカイツリーが見える~新東京タワー | トップページ | 最新技術&テクニカルイベント~今年は色々な企画を計画中 »