« トヨタ問題の影響か?~先端開発手法コンサルテーションの問い合わせが急増1 | トップページ | トヨタ-オリンピックに見られる国際社会と日本人の意識のズレ »

2010年2月24日 (水)

課長島耕作万歩計~歩いて社長への道!

バンダイから発売されている万歩計に「遊歩計」シリーズがある。

http://www.b-boys.jp/sss/yuuho/

写真は「島耕作」。

Ima_2

これ以外にも「宇宙戦艦ヤマト」「ベルサイウの薔薇」「母を訪ねて三千里」などなどがある。

歩数が増えると原作のストーリーに沿った表示がされ、どんどん出世していき、原作の登場人物が数多く登場してコメントする。

普段スポーツジムに行っているので、あまり肥満や運動不足には、縁が無い。

だけど、普段の生活の中でどれ位歩くのか素朴に知りたかったので買ってみた(アマゾンで1500円位)。

サブタイトルが面白く、

宇宙戦艦ヤマトは、「~歩いてイスカンダルへ」である。しかも3カ月で到達しなければならない。沖田艦長もビックリである。

ベルサイウの薔薇は「歩いて自分革命 生まれてきてよかった」である。オスカル用語が全開になっている。ケースの模様も一番派手である。

このシリーズの面白い点は、WEBと連動になっている点で、WEBで自分のデーターを管理できるようになっている。

そしてマンガやアニメのキャラクターが登場し、グラフやストーリに沿ったゲーム性のある画像が表示される。

こんな感じ;

http://www.b-boys.jp/sss/yuuho/berubara/index.html

欠点は本体の液晶が白黒で解像度がイマイチな点である。

現在のたまごっちくらい綺麗なら申し分ないのだが。

アマゾンなどで購入すると定価よりかなり安く買える。

=HSCI Takanari Hashimoto(URL:http://hsc-i.com/)=

|

« トヨタ問題の影響か?~先端開発手法コンサルテーションの問い合わせが急増1 | トップページ | トヨタ-オリンピックに見られる国際社会と日本人の意識のズレ »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112989/47651269

この記事へのトラックバック一覧です: 課長島耕作万歩計~歩いて社長への道!:

« トヨタ問題の影響か?~先端開発手法コンサルテーションの問い合わせが急増1 | トップページ | トヨタ-オリンピックに見られる国際社会と日本人の意識のズレ »