« 梅園&彫刻の美術館&海@小田原・熱海に行くの巻 | トップページ | MVPen~愛用している電子文具 »

2010年2月15日 (月)

「出版不況スパイラル」は出版社自身が原因?

キンドルなどの電子Deviceで読書をする時代になってきた。

世界的に出版会は大変らしいが、日本は危機的状況と聞く。

日本が特に危機的状況なのは、出版される本の質が著しく低下しているからのようだ。

多くの人が、

「今の書店の本はわざわざ買うような本がじゃない。

ビジネス書や自己啓発のような本は2時間もあれば読めるような内容が多い。

怪しい本が多いし、インターネットで直ぐ見つかるような事しか書いていない。」

と言う。

キャッチーな内容で敷居を下げて本を買ってもらおうという戦略が、完全にマイナスに働いている。

本来、ビジネス書や専門書の価値は、内容がしっかりしているからそ価値がある。

しっかりした書籍と同じ内容をインターネットで検索し情報を得ようとすると大変である。

ある程度高度な内容になると、インターネットでは情報検索に時間がかかるし、情報が分散しているので大変だが、書籍は体系的に書かれているので価値が高い。

ところが、現在の日本の出版業界は真逆を行っている。

こうなるとますます電子Deviceで読書をする時代を加速する。

日本の出版不況は、ますます加速するだろう。

=HSCI Takanari Hashimoto(URL:http://hsc-i.com/)=

|

« 梅園&彫刻の美術館&海@小田原・熱海に行くの巻 | トップページ | MVPen~愛用している電子文具 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112989/47574843

この記事へのトラックバック一覧です: 「出版不況スパイラル」は出版社自身が原因?:

« 梅園&彫刻の美術館&海@小田原・熱海に行くの巻 | トップページ | MVPen~愛用している電子文具 »