« テクニックよりも思考の訓練が大切~昔の数学から脱皮できない日本の学校教育 | トップページ | エンジニア的経済予測~雇用回復のない景気回復策の予測と顛末 »

2009年12月28日 (月)

アメリカがまた金融バブルになって来た!

アメリカの株価が好調な推移を見せている。

世界同時不況からアメリカ経済が回復したのだろうか?

答えはもちろん「NO!」だ。

それどころか、急速に実経済が悪化している、暴動が起きてもおかしくないくらいの状況になりつつある位、アメリカ経済の実体は酷い。
#2010年のアメリカ実体経済は一体どうなるのか?そうとう恐ろしい状況になるのでは。

それにも関らず株価は上昇している。つまり再び金融バブル状態に突入した。

なぜ、アメリカはリーマンショック以降変われないのか?と誰でも思うだろう。

しかし、この問いは正しくない。

なぜなら、最初から金融バブルしか考えていないのである。

つまり最初から反省など全くしていない。

アメリカは最初からバブル経済による金儲け(と戦争)しか方法が無い状況である。

今やアメリカにおいて効率よく外貨を稼ぐには、金融ビジネスでバブルを起こすしかない。

つまり海外に売る製品が(一部のものを省いて)無い状態である。

オバマ大統領がいくらリーマンショックのようなバブル経済の再発防止を抱げても、それは諸外国へのリップサービスである。

なぜなら、リーマンショック以降、アメリカ議会において金融ビジネスに規制をかける法案は1つも可決されていない事からみても明白であるし、そもそも大統領にアメリカのウォール街に代表される金融界を制御できる力は全くない。
#このことは世界の常識。

つまりアメリカの金融界は、好きなことがなんでもできる状態にある。

そして、ウォール街の金融マンはバブルによってサイバー空間による取引でお金を稼ぐのがスマートなやり方と考えているし、自分がいかに儲けるかしか考えていない。

アメリカの今の経済復興のスローガンは「バブルよもう一度!」である。

このことをしっかり認識する必要がある。

HSCI Takanari Hashimoto(URL:http://hsc-i.com/)=

|

« テクニックよりも思考の訓練が大切~昔の数学から脱皮できない日本の学校教育 | トップページ | エンジニア的経済予測~雇用回復のない景気回復策の予測と顛末 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112989/47137026

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカがまた金融バブルになって来た!:

« テクニックよりも思考の訓練が大切~昔の数学から脱皮できない日本の学校教育 | トップページ | エンジニア的経済予測~雇用回復のない景気回復策の予測と顛末 »