« チンタオビール・プレミアム~エンジニア的美食倶楽部 | トップページ | 海外の友人とのコミュニケーション~エンジニアの国際コミュニケーション »

2009年9月20日 (日)

資産運用説明会で五反田に行くの巻き

土曜日は少し久しぶりに五反田のららぽーとの近くに出掛けた。

Image001 Image002 Image003

海外の投資ファンドへの資産運用についての説明会があり参加するためである。

オージス総研のコンサルタント時代にこの近所(ダーバンのビルの前)に通勤していたので懐かしい。

資産運用と言うと金儲けのイメージがある方がいるかも知れないが、21世紀の時代には自分たちの経済基盤や将来の人生設計の必要不可欠な行動になる。

サラリーマンや自営業などは収入が下がることがあっても、上がることが期待できなくなるからである。

製造業などは派遣禁止の是非が議論されているが、国際的な価格競争の時代にあって派遣禁止をすれば、まず間違いなくメーカーは、工場やオフィスおよび開発・生産拠点の大部分を海外に移すことになる。

その結果、国内の労働者の雇用状態は極めて悪くなる。

派遣社員ばかりでなく、正社員も職を失う時代に突入である。

昭和の時代に隆盛を誇った製造業やゼネコンのビジネスモデルは、もうはや21世紀では通用しない産物であり、大きなビジネスモデルの変化をしなければじり貧となる。

日本は民主党に政権交代したが、スグに景気回復や様々な課題が解決することは難しいと思う。

日本が抱える構造的問題を、国も企業も放置し続けてきたためだ。

おそらく海外の経済状況が好転しても、日本の景気は現状維持が20年~30年くらい続くと考えられる(もっと悪くなることも考えられる)。

このことは、バブル崩壊からすでに20年という長い時間が経つが特に大きな進展が日本経済にないことからも理解できる。

このうなると、自分の人生プランは自分で確立していくしかない。これまでの日本人は、国や企業に他力本願し過ぎていたと思う。

国や企業に100%依存しない自立型の人生設計に資産運用は欠かせないのである。

=HSCI Takanari Hashimoto(URL:http://hsc-i.com/)=

|

« チンタオビール・プレミアム~エンジニア的美食倶楽部 | トップページ | 海外の友人とのコミュニケーション~エンジニアの国際コミュニケーション »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112989/46259182

この記事へのトラックバック一覧です: 資産運用説明会で五反田に行くの巻き:

« チンタオビール・プレミアム~エンジニア的美食倶楽部 | トップページ | 海外の友人とのコミュニケーション~エンジニアの国際コミュニケーション »