« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

民主党政権交代と製造業のこれから~日本の製造業は復活できるか?

今日で8月も最後の日。今年も残りは4か月である。

昨日の衆議院選挙は、投票に行くと投票所に人が沢山列になって並んでいた。

深夜に大勢が判明し、民主党の大勝の話題で盛り上がっていたが、その話も一段落すると今後の政局運営や日本経済の行方の話題に各TV局も移行していた。

製造業の派遣問題についての話題も登場していたが、おおむね現在の製造業の開発戦略や方針が価格競争に奔走している点が根本的に無策であることを挙げている。

確かに安い人件費とうことでアウトソーシングや海外の工場移転ばかりで、安易な経営戦略になっている。

多くのメーカーが従来の商品開発の延長線上にあるようなことでは、日本の製造業は復活できない意見が多かった。もっと知的かつ先進的な技術開発へと移行しないと今後は無いという意見だ。

つまり、延命的なことは出来てもジリ貧という訳だし、海外へのアウトソーシングや海外の工場移転では、国内の雇用安定は遠のくばかりである。

この点については全く同感だが、私としては日本の教育を根本から変えることをしないと本当の解決は難しいことも付け加えておく。

今の小学校から大学の教育で、世界と本当の知的産業で競争することは無理である。

才能の伸ばす教育も無いし、本当の知性を育てる教育が無い。

国語算数理化社会など全ての教科で一定以上の点数を取らないといけないなどという学校教育や、暗記することに主を置く現状の受験教育は何の価値があるのだろうか?

重要事項は勿論記憶することも大切だが、多くの教科を画一的に学習し、何もかも記憶する道理は無い。

「無から有を生みだす」ためには、徹底的に考える教育が重要である。

国策や社会が必要としている人材と全くかけ離れた教育が実施されていることが変わらない限り何も変化しないだろう。

この点を変えない限り、「知的産業で競争」などとシュプレヒコールを唱えても、何も変わらない。

政治家や評論家は文科系出身がほとんどで、製造立国日本でありながら理科系出身の人間がいないことが致命的なのかも知れない。
#民主党党首の鳩山氏は、数少ない理系(東京大学工学部を卒業しスタンフォード大学博士課程を修了のPhD。専門は経営工学とか。)だが、民間企業での経験が無い。

残念だが政治家や評論家は本当のところ何が問題で、何を実行しないといけないかが経験がないので理解ができていないと思う。

それと、リスクと取ってチャレンジするということにネガティブは風潮も問題だ。

箱物ではない21世紀の知的産業に移行するには、旧態依然とした教育や評価制度を根本から変えない限り何も変わらない。

=HSCI Takanari Hashimoto(URL:http://hsc-i.com/)=

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月30日 (日)

湘南第6回オープン・ウォータースイミング大会

夏休み最後の週末である8月29日は、江ノ島の湘南海岸で湘南第6回オープン・ウォータースイミング大会が開催された。

Image001 Image002 Image003 Image004 Image005 Image006

学生さんや年配の方まで幅広く参加し、家族で参加する人も多いので、いろいなレースが用意されている。

藤沢市や有名大手企業がスポンサーや協賛しているかなり大規模なイベントである。

大会の内容はWEBから見ることができる(http://shonanows.jp/)。

海外や日本国内に同様の大会があり、国内外の大会に出る記録保持者の人々も参加する。

非常に良い天気で、一般の海水浴の人やウィンド・サーフィンをする人などいつもどおりの賑わいだった。

海に行くならやはり快晴の日が良い。

この日は、雲がほとんど無く真っ青な空の下、江ノ島の海が楽しめた。

=HSCI Takanari Hashimoto(URL:http://hsc-i.com/)=

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月26日 (水)

期間限定「実践MDA~Rhapsodyを用いた要件定義から自動コード生成及びシミュレーション」記事のPDFダウンロード再開!!

技術評論社「組み込みプレス」に連載した、ケーススタディ「エレベータ制御システム」のMDAの実例解説記事をHSCIのホームページから期間限定で再会した。
(とりあえず8月Endまでを予定)

組込みリアルタイム系のオブジェクト指向開発開発環境である"Rhapsody"を用いて、要件定義から自動コード生成及びシミュレーションまでを「実践MDA」として解説するトリロジー企画の3回シリーズのPDFである。

PDFのダウンロードは下記から。

http://hsc-i.com/magazines.html

他にも多くの雑誌に執筆した記事のPDFもダウンロードできる。

=HSCI Takanari Hashimoto(URL:http://hsc-i.com/)=

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年8月25日 (火)

エンジニアのための国際政治~ヒラリー・クリントン研究

日本の総選挙も30日の行われ政治に目が離せないが、国際化の時代には他の国の政治や政治家にも目を向ける必要がある。

まずはUSは絶対に重要だ。

オバマ氏フィーバーに沸いた大統領戦からの世間の興味本位の熱狂も一段落した模様である。

オバマ氏の陰に隠れているが、閣僚であるヒラリー・クリントン氏はどんな政治家だろうか?

まずは、彼女について少し研究するといいかもしれない。

ヒラリークリントン氏には自身の自伝がある。

幼少から政治家までの写真が、所々に挿入されており、彼女の半生が理解できる。

Photo

私はこのペーパーバックを飛行場で買って、旅行中に読んでいた。

文章はさほど難しい書き方はされていない。それでもペーパーバック版で800ページ以上ある(ハードカバー版もあり)。

英語で書かれたベストセラー書籍は、書籍を朗読した格安のオーディオCDが売られていることが多い(ただし、書籍とCDが完全一致していないケースあり)。

Cd

CDはヒラリー・クリントン氏自身が吹き込んでいる(実際のヒラリーさんがどんな声で朗読しているか聞きたくなるでしょ!)。

日本語で書かれた書籍のオーディオCDは、こんな安い値段ではなかなか購入できないから、国際語の英語の強みだ。

このCDは6枚組で約2700円程度(2009年8月時点)。

=HSCI Takanari Hashimoto(URL:http://hsc-i.com/)=

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年8月24日 (月)

両手ともマスカケ線~エンジニア的手相考察

世の中不景気の時代は、いつの世も超自然的な話題が巷をに賑わす。

ここ数年は占いブームとか。

エンジニアの私から見るともう少し統計的なデーターなどを信用した方がいいともうが。。。

私の手相はどうやら「マスカケ線」というらしい、両手ともこの「マスカケ線」である(詳細は知らない)。

Image013 Image014

”マスカケ”という意味も知らない。

手相などの占いに詳しい方はいるもので、飲みに行くと必ず占いが好きで詳しい人がいるものである。

今やコンピューターで簡単にデーターを収集し、データー分析できるから、どうせ調べるならもっと科学的に行った方がいいと思いうが、そういう議論は占い好きの方へはタブーらしい。

客観性や合理性よりも神秘性が大切なのだとか(笑)。

占いに興味がある人は、「当たる・当たらない」よりも、自分のことを第三者に話題にしてもらえる、評価してもらえる、気にかけてくれる、事に興味あるのではないだろか?

その時に1つのトリガーとして、「○○占い」を利用するだけで、星占いとか手相とか姓名判断などの区別はあまり気にしていないのはないのかもしれない?

占い師に本当の自分を知ってらいたいとか、いい当てて欲しいとか、普段気にしていることを肯定してもらいたいとか。。。

意外と現代人の占いへの興味は、意外とそんなところにあるのかも知れない。

=HSCI Takanari Hashimoto(URL:http://hsc-i.com/)=

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月23日 (日)

プチ京都・鎌倉的町田の風景

私のオフィスの周辺の町田はなかなか良い場所で、一見京都、奈良あるいは鎌倉を思わせるお寺と神社がある。

Image001 Image003 Image004 Image005 Image008 Image010 Image009 Image011

休日は健康管理を兼ねて自動車は使わず、買い物など近くへの場所は歩いて出かけることが多い。

毎日多忙すぎて近所に何があるか、住んでいる周辺の街並みを知らないケースが多い現代人はやはりどこか生活がおかしくなっていると思う。

もっと生活を楽しむことを考えたい。

=HSCI Takanari Hashimoto(URL:http://hsc-i.com/)=

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月20日 (木)

製造業のターニングポイント~新たなビジネスチャンスの時代

今日は暑い一日で海に行くには絶好の日だった。

海には行かなかったが、下半期のビジネスの打ち合わせに出かけた。

Image001 Image003 Image004 Image005 Image006

暑い一日だが快晴の日は気持ちが良い。

私のビジネスも色々な戦略が動き出し始めた。

今はまだ公表できないが、これまでにないビジネス戦略を進めている。

クライアント企業はもちろんのこと、パターナー企業にも利益をもたらすために最高の結果を出していきたい。

こうご期待と言ったところ。

=HSCI Takanari Hashimoto(URL:http://hsc-i.com/)=

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月19日 (水)

恵比寿ガーデンプレイスでディナー~日本のビジネスを予測する

昨日の夜は、恵比寿ガーデンプレイスでディナーで、商談を兼ねて食事。

タイ料理のレストランでタイ国首相賞受賞したお店らしい。

恵比寿ガーデンプレイス の中にある。

このレストランのホームページ(http://www.jaithai.co.jp/)には、

「日本で初めて“Jai Thai”が、2004年タイ首相賞の最優秀サービス部門賞を受賞しました。
これは、タイ国外において顕著な活躍をしたタイ人に贈られる栄誉で、アジア初の快挙です。」

とあり、なかなかのお店だ。

以前、一緒に仕事をしていた方達と集まりタイ料理を楽しみながら情報交換をした。

Image003 Image004

話の話題はやはりビジネスチャンスと景気のことになる。

自動車を中心として製造業は、来年はもっと厳しい状況になるというのが一致した意見だ。

正直明確な見通しが立たない業界もある。

やはり本格的な景気回復はかなり厳しい状況である(ただし、あくまで日本国内の話だ)。

私は経済学者でもなければシンクタンクのエコノミストでもないので、自分の景気予想を信じろと主張する気も正当化する気もない。

色々な企業の現場や担当者の方からの生の情報から判断している。

デパートなどの消費も低迷を続けているとニュースで報じられているが、個人的にはもう国内消費は以前のような状態には戻らないと考えている。

いまの消費が普通なのだ。

年金の不安も大きいうえに、不景気で給与が少ない時代に、消費が増える訳もない。

今の状況でバンバン金を使う国民がいたら不思議で仕方無い。

さらに少子化の問題もあり、消費が上向く材料は全くない。

若い年齢層の価値観の違いも大きい。

以前なら日本人の憧れであった大きな自動車や家電およびマイホームなどが消費を支えていた。

豊のシンボルは、大きな自動車や家電およびマイホームなどだったからだ。

高い価格の製品や家を長期のローンで買っても不安が少なかったのは、成長が右肩上がりの時代で、誰もが『未来の可能性でリバレッジを掛けれた時代』であったことも大きいい。

今の若い人は、置かれている経済環境も違うので価値観が全くことなり、物欲へは走らない。

国民の消費の価値観や動向が全く変わったのだ。

団塊世代と異なり「いつかはクラウン」なんて思っていない。

自動車離れが加速している。

リビングに大きなステレオセットなど不要と考えている。

iPodと携帯電話で充分なのだ。

この世代は、いかに自分の価値観で生きるかがテーマになりつつある。

お家芸である製造業は、中国、タイ、インドなどに益々工場を移転し、生産拠点を移していく。

結果、日本人の仕事も減るだろう。

それしか価格競争を勝ち抜くための手段がないからである。

国内の労働者の給料も今後は減る一方だろう。

成熟した国は、道路や鉄道やガス・水道などのインフラや製造業を中心としたビジネスは成立しずらい。

1つの企業は30年が限界だからだ。

もはや日本はゼネコンや製造業が産業の中心の時代ではない。

ハードウエア(ハコモノや機械)でなく色々な意味でソフトウエアに業種をシフトしないといけない時代だ。

=HSCI Takanari Hashimoto(URL:http://hsc-i.com/)=

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年8月18日 (火)

軽井沢バスツアー~メルシャン美術館、大賀コンサートホール,etc

FPのガイアさん(http://www.gaiainc.jp/)企画のバスによる軽井沢バスツアーに参加。

晴天に恵まれ渋滞も無く幸運なツアーだった。

軽井沢は3年か4年ぶりだ。

Image028 Image038 Image039 Image046 Image047 Image053 Image058 Image059

今回はFPの中桐さんの企画で、「メルシャン美術館」を見学し、美術館の敷地内にある「エルミタージュ・ドゥ・タムラ」でランチ(有名なお店らしい:http://www.ryoubi.jp/)。

午後はソニーの元CEOの大賀さんの大賀ホールでクラッシック鑑賞。

Image001_2 Image002

そして、出発までの時間はアウトレットモールで買い物というスケジュール。

ソニー時代には、大賀ホールには行ったことが無かったので良い思い出になった。

やはり、日本人はもっともっと美術やクラッシック演奏などを楽しむべきだね。

本当に豊かな人はお金はもちろん、自分の好きな時に、好きことを出来る人の事で、日本人に一番欠けていることだな。

ロンドンに行ってもパリに行っても、音楽と美術は常に人々の生活の中心にある。

サラリーマンである方はなかなか難しかもしればいが、これからの時代はPrice(金額)で無くPriceless(金によって測れない価値:Value)なので、いかに自分らしい納得できる時間を過ごすかだ。

=HSCI Takanari Hashimoto(URL:http://hsc-i.com/)=

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月16日 (日)

夢の浮島~御盆休みで帰省の巻き

御盆休みで母親の故郷にお墓参りで帰省した。

日本の文化と伝統は大切にしないといけない。

文化を失う国民は滅ぶからだ。

父親は墨田区本所で浅草なので田舎は無いが、母方のふるさとは茨城の浮島で田舎があるというのはやはりスバラシイ。

浮島には大きな湖の霞ヶ浦があり、昔はその風景は信じられないほどの絶景で「夢の浮島」と呼ばれた。

昔の霞ヶ浦は、湖だけど綺麗な浜辺があり、松林と極めて高い透明度が素晴らしい湖だった。

大戦中は予科練があったため、日活の映画撮影があり、美しい風景との両方で、昔の銀幕スターが良く撮影をしていたそうだ。

親戚の家にも二谷英明と一緒に移した写真がある。

今は海と切り離されてしまい水も濁って昔の面影は全くない。昔のようなきれいな湖の戻って欲しい。

それでも、自然は素晴らしく同じ関東でも空の青さが違う。みどりの青さも全く違う。

Image012 Image014 Image019 Image015

明日は軽井沢に出発する。

=HSCI Takanari Hashimoto(URL:http://hsc-i.com/)=

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月11日 (火)

エンジニアの自然科学への挑戦~地震と台風のダブルパンチ

日曜日の夜に引き続き、今朝の明け方また強い地震が発生した。

強い雨に足元を濡らしながら、やっとオフィスについたら棚から書籍が数冊落ちていた。

地震発生を事前に予測し警戒発令をすることが取り組まれているが、今回のような地震にはまだ無理なのだろうか?

台風が近づいているので、被害が重ならないように注意しないといけないが、台風1つとってもまだ人間は台風を制御できないし、台風からの被害を防ぐ有効なすべはない。

台風が来るとただ通り過ぎるのはジッと待つだけである。

この時期になると台風による被害が毎回報告され、空しい気がする。

もっと科学が進歩して、地震の予知や台風からの被害の防御が可能にならないと、現在の被害はづっと続くことになる。

地震の予知や台風からの被害の防御は大変困難な技術だが、日本の技術と科学者のの能力なら可能と思う。

=HSCI Takanari Hashimoto(URL:http://hsc-i.com/)=

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月10日 (月)

外国人タレント事務所のキース長谷さんのWEB

昨日の夕食は、外国人タレント事務所の社長キース長谷さんと仕事の話を少ししながら、夕食をご一緒した。

長谷さんは、NHKの英語タレントや書籍のCDの吹き込みおよび各企業の海外向けプロモーションビデオなどに出演する外国人タレントの事務所を経営している。

キース長谷さんの会社のWEBは下記である。

http://www.jktalent.jp/

TVでよく見かける外国人タレントも所属しているので、なかなか充実したタレントが登録している。

私が普段している仕事と異なるので、長谷さんからの話は私が知らない色々な話が聞けて面白い。

なお、キース長谷さん自身時折、モデルとして雑誌や新聞の広告に登場している。

=HSCI Takanari Hashimoto(URL:http://hsc-i.com/)=

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 7日 (金)

エンジニアのための英語学習書籍~英語耳マーフィーの法則

久しぶりに書店を眺めていたら”英語耳”で有名な松澤さんの新刊書がでていた。

マーフィーの法則を題材にしていて大変ユニークだ。

Photo

松澤さんとは以前一度お会いしている。

私がユースケースやUMLで有名なイヴァー・ヤコブソン氏と仕事をしていた時期があり、海老名にある富士ゼロックスさんに訪問した時に会っている。

その時は、ヤコブソンにあるテーマでスピーチをしてもらうことで訪問させて頂いた。

実際に松澤さんに会って「あぁ、この方が英語耳の著者の方か。」と思いつつ、ヤコブソンを松澤さんに紹介した。

落ち着いた感じの紳士的なエンジニアだ。

いつも親しくさせて頂いているエンジニアの杉浦さんにもヤコブソンの講演を調整して頂く窓口としてお世話になった。

もう一年以上前になる。

松澤さんも本業はゼロックスのエンジニアだから、かなり多忙なはずだが、コンスタントに英語の本を執筆されていてバランスと効率良い仕事のされ方をしていると思う。

さて、英語の教材は、繰り返しが大切だから興味ある題材の選択が、英語学習の成功の鍵となる。

発音の基礎は比較的短期間の学習で身につくと思うので、夏休みに集中して取り組むのがいいのかも知れない。

=HSCI Takanari Hashimoto(URL:http://hsc-i.com/)=

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 6日 (木)

エンジニアのための資産形成の本

もうすぐお盆だというのに、一向に快晴と言う日がない。

このブログを書いている最中も強い雨が降ってきた。

今年の夏は天候まで不景気のようだ。

天気がイマイチで御盆休みに海や山および川にいけないときは、普段読まない本にトライするのが良い。

Photo

独立系FPの中桐さんの書籍の最新刊は、なかなか面白いのでこの機会にどうだろうか?

不景気でサラリーマンの給与削減など収入面で不安がある方が多いと思うが、会社に依存ぜず自分で戦略を持つことが大事。その為にはまず学習しないとね。

中桐さんはいつも多忙にしているはずだが、会うといつも穏やかな表情で余裕をもって作業されている印象を受けるから流石と思う。

また、多忙な業務の合間を縫ってコンスタントに書籍をリリースするのはリッパ。

そう言えば、中桐さんとは中桐さん主催の軽井沢の旅行でで17日お会いする予定だ。

メルシャン美術館、大賀ホールにて八月際のクラシック鑑賞などが盛り込まれている。

天気が晴れることを願う。

=HSCI Takanari Hashimoto(URL:http://hsc-i.com/)=

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 4日 (火)

サーキットの狼のミニカーが発売~8月18日にサークルKサンクスで

子供のころから大好きな「サーキットの狼」のミニカーが発売されることが作者の池沢さとし氏のブログで知った。(http://www.satoshiikezawa.com/blog.html#true

是非、応援したい。

8月18日からサークルKサンクスで発売されるらしいが、599円なのに相当のこだわりの製品とか。

また、8月中旬には流石島レースで疾走した、ディノ・レーシングスペシャルが4バージョン発売になる。

4バージョンとは、漫画の中で登場したディノ・レーシングスペシャルのシーン毎のタイプ。

こちらはマニア向けの高価なもので、相当素晴らしい出来のようだ。

=HSCI Takanari Hashimoto(URL:http://hsc-i.com/)=

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米国Google社の700万冊を超える書籍の電子データー公開を考える

先日、いつもお世話になっている出版社の方から私の過去に執筆した書籍が米国Google社によって電子データー化された連絡を受けた。

マスコミで報道されているとおり、米国Google社は、米国内の図書館などに所蔵されている書籍を次々に電子データ化し、公開する予定と言う。

出版社の方から世界的な著作権の保証の枠組みであるベルヌ条約などを聞き、どのように対応すればいいか説明を受けた。

電子データー化され公開されるのは、英語だけによらず世界中の言語で書かれた書籍が対象のようだ。

このため、米国Googoleは、米国の著述家協会および出版社協会と裁判になっていたが、和解勧告され和解待ちのようだ。

それにしても、米国内の図書館などに所蔵されている書籍を次々に電子データ化し、公開するとは凄い発想だ。

700万冊を超える書籍という量をどうやってスキャンしたのだろう。
#まさか、人海戦術?

今回、米国Google社の行動は議論を呼んでいるが、今後の出版の方向性は電子化に確実に近づいているのだろうか。

=HSCI Takanari Hashimoto(URL:http://hsc-i.com/)=

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »