« エンジニアのための資産形成~資産運用のための軍師を持つことのススメ | トップページ | 大きな虹の巻き »

2009年6月29日 (月)

日本人が海外で活躍するために~元国連機構改革事務次長の話

27日は、元国連機構改革事務次長の勝野正恒氏の話を聞く機会があり質問もした。

勝野氏は外交官をへて国連の職員として日本人として初(?)のDirectorであった方だ。

海外での生活がほとんどで日本にはここ数年戻ってきたようだ。

単に外交官であったり、民間の国連大使とは違う。

それだけに、国連の活動や高官について隅ずみまで知っている。

はっきり言って日本の外交は相手にされていないようで、国益を完全に失っている。

ここでは、あまりに酷い日本の外交の惨状について書けないが、勝野正恒氏は外交官を辞めた後は、直接国連職員になっているので、客観的な話が聞けた。

日本の現総理は外交が得意と自ら言うが、あれで外交が得意と言ったら海外から見たら極めて異常な人と思われるだろう。

国連や国際公務員になる方法についての著書もあるので、興味ある方はそちらを見ると良い。

文系で若い人には国際舞台で活躍して欲しいし、日本では国連や国際公務員になる方法についての方法は指導されていないので、貴重な情報かも知れない。

=HSCI Takanari Hashimoto(URL:http://hsc-i.com/)=

|

« エンジニアのための資産形成~資産運用のための軍師を持つことのススメ | トップページ | 大きな虹の巻き »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112989/45487160

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人が海外で活躍するために~元国連機構改革事務次長の話:

« エンジニアのための資産形成~資産運用のための軍師を持つことのススメ | トップページ | 大きな虹の巻き »