« 名古屋市内の眺望~がんばれ名古屋の巻き | トップページ | アーキテクトになるための書籍シリーズ1書籍「ソフトウエア再利用の設計パラダイム~ソフトウエアモデリング」 »

2009年2月 1日 (日)

ノスタルジー全開「サーキットの狼ーぬり絵」

子供のころ熱中したスーパーカー。きっかけは「サーキットの狼」である。

その「サーキットの狼ーぬり絵」が存在する。

サーキットの狼世代は最新の車も好きだが、

  • ロータスヨーロッパSP
  • フェラーリ・ディノ
  • ランボルギーニ・ミウラ
  • ポルシェカレラRS

が好きだ。

  • BMW(この世代は”ベーエムベー”とドイツ語発音する)

はあまり好かない(隼人ピーターソンの影響か?)。

もっとも以上の意見は私の勝手な独断と偏見。もちろんBMWを好きな方がは沢山いる。

サーキットの狼の影響は凄く、ロータスのディーラーによると現在40歳~50際にかけてロータスヨーロッパは人気がいまだに高いが、その世代を外すと全く人気が無いという現象だという。

私も今だにロータスヨーロッパを見るとときめく。近くのマンションにいつもロータスヨーロッパが止まっているが誰が載っているのだろう。

ロータスでもツインカムスペシャルでないとNG。

この世代のノスタルジーを刺激するぬり絵は、「公道グランプリ編」とあるから、そのうち「流石島レース編」も出版されるのか?「幻の多角形コーナリング」が懐かしい。

_

サーキットの狼の作者池沢さとし氏のWEBはこちら。http://www.satoshiikezawa.com/

池沢さんのブログでは、

「右京さんはF1で幻の多角形コーナリングに挑んでくれた人だ!」

と紹介がある。本当だったら凄い(別に疑う訳ではないけど。。。)。

また、池沢さんのブログでは「谷田部レーシングスペシャル(劇画ではフェラーリ・ディノ・レーシングスペシャルと呼んでいた)」の模型と実車作成の紹介がある(http://www.satoshiikezawa.com/blog.html#true)。

模型も興味深いが、実車ってどんなだろう。

=HSCI Takanari Hashimoto(URL:http://hsc-i.com/)=

|

« 名古屋市内の眺望~がんばれ名古屋の巻き | トップページ | アーキテクトになるための書籍シリーズ1書籍「ソフトウエア再利用の設計パラダイム~ソフトウエアモデリング」 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112989/43924176

この記事へのトラックバック一覧です: ノスタルジー全開「サーキットの狼ーぬり絵」:

» BMW-MINI BMWミニの魅力 [BMW-MINI BMWミニの魅力]
BMWは言わずと知れた高級車です。 そして、MINIと言えば、人気の英国車ですね。 そのBMWとMINIが合わさったBMW-MINIの魅力を たっぷり味わってください。 [続きを読む]

受信: 2009年2月 4日 (水) 16時50分

» ランボルギーニ ミウラ! [トーシロおやじのバイク、車いじり日記]
昨日の帰りに売ってるのを見た ランボルギーニ ミウラ P400 です。 かっこいいですね(^^) 子供の頃読んだ サーキットの狼で レーサー飛鳥ミノルが 乗ってた車です。 このマンガでスーパーカーブームが起こり 当時小学生だったので 学校が終わると広い国道...... [続きを読む]

受信: 2009年2月20日 (金) 04時49分

« 名古屋市内の眺望~がんばれ名古屋の巻き | トップページ | アーキテクトになるための書籍シリーズ1書籍「ソフトウエア再利用の設計パラダイム~ソフトウエアモデリング」 »