« アーキテクトになるための書籍シリーズ1書籍「ソフトウエア再利用の設計パラダイム~ソフトウエアモデリング」 | トップページ | 出版社と自動車メーカーの方と打ち合わせ »

2009年2月 4日 (水)

アーキテクトになるための書籍シリーズ2~書籍「モデルと表現(岩波講座ソフトウエア科学)」

優れたアーキテクトになるために是非押さえておきたい書籍の第2段。

今日紹介するのは書籍「モデルと表現(岩波講座ソフトウエア科学)」である。

少しアカデミックな香りがする書籍だが、決して現場のソフトウエア開発からみて遠い内容が書いてある訳ではない。

モデル化の持つ意味やモデルをどのようにプログラムコードに写像すればいいのかを特定のソフトウエア言語やUMLレベルで無く、この書籍に書いてある根本的な理屈のところから理解することに価値がある。

これまで大学でこのような本格的なソフトウエア工学に触れなかった方には、独学ではハードルが高いと感じられた場合は、仲間との勉強会か企業の中の研修の一環として実施するのかいいだろう。

隅から隅まで完全に学習することよりも、まずは興味あるところから始めるのも良いと思う。

巻末には演習問題の解答かヒントがあるので独習も可能だ。個人的にはこの書籍は大変お勧めである。

オブジェクト指向に関する話題でもself言語などの話題もあるし、AdaやC++でもおなじみになった汎用型の話題もある。

その他、

  • 型多相のための型システム
  • 型推論・検証システム
  • 継承意味論
  • 分散システムの並列オブジェクト指向表現
  • etc

など興味深いテーマを扱っている。

次回はこの書籍に関連する話題としてコンパイラー設計の理解によい

書籍「プログラム言語処理系(岩波講座ソフトウエア科学)」

を紹介する。

Mh1 Mh2_3 Mh3 Mh4 Mh5 Mh6 Mh8 Mh10 Mh11

=HSCI Takanari Hashimoto(URL:http://hsc-i.com/)=  

|

« アーキテクトになるための書籍シリーズ1書籍「ソフトウエア再利用の設計パラダイム~ソフトウエアモデリング」 | トップページ | 出版社と自動車メーカーの方と打ち合わせ »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112989/43952260

この記事へのトラックバック一覧です: アーキテクトになるための書籍シリーズ2~書籍「モデルと表現(岩波講座ソフトウエア科学)」:

« アーキテクトになるための書籍シリーズ1書籍「ソフトウエア再利用の設計パラダイム~ソフトウエアモデリング」 | トップページ | 出版社と自動車メーカーの方と打ち合わせ »