« 携帯電話ノキアの日本撤退 | トップページ | やっはり世界は広い »

2008年12月10日 (水)

書籍「ソフトウエア博物誌」byマイケルジャクシソン

今日紹介する往年の名著は、マイケルジャクシソンによる書籍「ソフトウエア博物誌」である。初版は1997年4月とある。

マイケルジャクシソンというと歌手のマイケルジャクシソンを連想するが別人である。

ソフトウエア業界で開発に携わっている方なら、マイケルジャクシソンを知らない方は少ないだろう。JSPアプローチの開発方法論で有名である。
今だ積極的に興味深い書籍を出版し続けており、決して過去の人ではない。

この書籍「ソフトウエア博物誌」は、1つ1つのテーマが読みきりタイプのエッセイから構成されて1冊の書籍になっている。

内容は論理学と形式記述についておもに取り扱っているが、ソフトウエアの話題を絡めて楽しく読ませる工夫がある。ソフトウエア工学を体系的に学習する学校の教科書とは全くことなる趣旨で書かれているので興味深く読める。

残念ながらこの書籍はトッパン出版社から発売されていたが絶版である。

翻訳者の一人の酒匂さんとは私がオージス総研のコンサルタントだった時代に何度かお会いしている。その時から既に独立されてご自身の会社でコンサルティングをされていた。

酒匂さんの翻訳される書籍はどれもが重要な内容のものばかりである。そして、だれもが簡単に翻訳できる書籍ではない。酒匂さんのソフトウエア開発への熱意が感じられるものばかりである。

Jsp1 Jsp2 Jsp3 Jsp4 Jsp5

=HSCI Takanari Hashimoto(URL:http://hsc-i.com/)=

|

« 携帯電話ノキアの日本撤退 | トップページ | やっはり世界は広い »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112989/43379245

この記事へのトラックバック一覧です: 書籍「ソフトウエア博物誌」byマイケルジャクシソン:

« 携帯電話ノキアの日本撤退 | トップページ | やっはり世界は広い »