« 八王子駅周辺の街並み | トップページ | 書籍「成功の教科書」の原田隆史氏 »

2008年9月17日 (水)

組み込み/リアルタイムシステムのMDAメカニズム

MDAが組み込み/リアルタイムシステム分野で利用が期待されて久しいが、洋書・和書とものMDA自身の解説に終始しているものが多い。まだまだMDAが多くの開発者にとって馴染みがないからであろうか?(そうは思えないのだが。。。)

MDAのコンセプトと正しい知識を持つことは重要であるが、実際に開発現場で活用することが重要なはずだ。

MDAは多くの開発環境ベンダーの長年の製品開発から体系化されてきたために、製品開発で利用するMDA支援環境の理解が一番重要であり、実際には最も重要なポイントである。

また、製品によってMDAを実現するメカニズムが大きくことなるので、優れたシステムを開発するには、開発者がメカニズムを理解して設計しなければならない。

OMGのMDAの参照モデルはあくまで1つの参照モデルで、実のところ世界中で利用されているMDA支援開発環境の製品でOMGの参照モデルに純粋に適合するものはない。今後もない(必要ないから)と思う。あくまでMDAの考え方が重要であるからだ。

もちろんメタモデルとかメタ言語がより一般化すればという意見もあるが、特に組み込み/リアルタイムシステム分野ではドメインによって大きく求められる要求が異なるために、MDAによる成果物のモデル間の互換性があまり重視されない。

そもそも開発現場で広く使われているMDA支援環境が少ないし、開発環境にそれぞれにかなり異なる個性がある。このような中で、特別な理由がない限り、あえて異なる開発環境間でモデルを共有したいというNeedsが発生しないと言う理由もある。

さて、OMGのMDAの参照モデルの適合についてはまた今度にするが、言わんとする点はつまり利用する開発環境を深く理解し、かつ、同時に先進的な開発プロセスやテクノロジーを身につけることが最重要であるから、OMGのMDAの参照モデルについて必要以上に意識は必要ないということだ(少なくとも今現在)。

オブジェクト指向やコンポーネントベース開発及びアーキテクチャ設計の知識を先に身に付けないとMDAによる開発は品質や生産性の向上に寄与できない。

もちろん、並列性やスケジューリングなど組み込み/リアルタイムシステム分野の知識や経験も言うに及ばずである。

以上から、上記の課題を考慮したMDA解説を作成している最中なのだが、MDAを利用した開発は一度でも何らかのMDAツールを利用して開発をしないとイメージが湧かず、かつ、ポイントや問題点も見えてこないのである。

詳細なMDAの技術解説資料は完成したらまた報告したい。

=HSCI Takanari Hashimoto(URL:http://hsc-i.com/)=

|

« 八王子駅周辺の街並み | トップページ | 書籍「成功の教科書」の原田隆史氏 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112989/42505754

この記事へのトラックバック一覧です: 組み込み/リアルタイムシステムのMDAメカニズム:

« 八王子駅周辺の街並み | トップページ | 書籍「成功の教科書」の原田隆史氏 »