« 書籍執筆奮闘中 | トップページ | 東池袋の街 »

2008年5月27日 (火)

新潮新書「国家の品格」

発売されてからもう3年近く経つ「国家の品格」を読んだ。後ろを見ると48刷りあり263万部以上売れているとのこと。

Hinkaku

内容はアメリカ的な利益至上主義に傾倒し、日本人らしさを失いつつある日本への提言である。色々興味深く読める内容だった。

・論理では問題解決できない

・自由と平等は欧米が作り上げたフィクション

・文化と伝統を尊重しない国家は滅ぶ

・日本の武士道

・利益至上主義は犯罪的なビジネスが横行する

内容はとても共感できることが多かった。数学者としてTVでも以前から拝見していた藤原さんなので親近感を持てて読めた。

藤原さんは英語も堪能で高校生時代は全国で一番を取っているし、アメリカやイギリスの名門大学に研究のために留学している。

その藤原さんが英語は日本語をきちんと勉強した後で十分と書いてある。大事なのは教養と専門性である。昔の日本人は英語は出来なくてもすぐれた教養・専門性および人格で外国人から尊敬されていたことも書かれている。

ところが昨今は表面的な英会話ができても中身がない日本人が多く、海外から低く見られているようだ。

英語が堪能な藤原さんだけに説得力がある。

数学者の藤原さんらしいのはゲーテルの「不完全性定理」を引用しているところ。

最近は色々なところでゲーテルの「不完全性定理」を目にするのは偶然かな。

もっとも、ゲーテルの「不完全性定理」はいろいろなことに該当するから当然かもしれないが。

=HSCI Takanari Hashimoto(http://hsc-i.com/)=

|

« 書籍執筆奮闘中 | トップページ | 東池袋の街 »

「ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「学問・資格」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112989/41337711

この記事へのトラックバック一覧です: 新潮新書「国家の品格」:

« 書籍執筆奮闘中 | トップページ | 東池袋の街 »