« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月23日 (水)

「成城学園前」

成城学園前まで打ち合わせに行きました。

知人で外国人のプロモーションを手掛けている会社を経営している方のオフィスが成城学園にあるからです。

NHKの英語講座など多くの外人タレントをマネージメントしている方で、今TVで活躍してる方も以前マネージメントしていたようです。

さて、成城学園前の駅はあまり降りる機会がないので、新鮮でした。

成城学園には著名な方の住まいが多くあるようです。並木道を歩いていると、確かにすばらしい品格のある住宅が多いです。黒澤監督の映画で有名な俳優の方の住まいもありました。

打ち合わせはもちろんビジネスについてですが、色々企画をしており、最初のキックオフの打ち合わせでした。

=HSCI Takanari Hashimoto(http://hsc-i.com/)=

Dsc03481

Dsc03482

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月21日 (月)

CQ出版主催「エンベデット・プロセッサー&開発環境ワークショップ2008」の講演資料UpLoad!

CQ出版主催:エンベデット・プロセッサー&開発環境ワークショップ2008」の講演のセミナーで用いた資料の中で、テキストに大きすぎて納められなかった説明用資料の下記2点をHSCIのWEBに掲載しました。

1、「プロジェクト計画立案フローサンプル

2、「プロジェクト計画書テンプレートサンプル

http://hsc-i.com/

の[What'sNew]のリンクから辿るか、

http://hsc-i.com/seminars.html

から辿ることができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月18日 (金)

CQ出版社「組み込みプロセッサ&プラットホーム・ワークショップ 2008」にいきましたの巻き

CQ出版社さん主催の「組み込みプロセッサ&プラットホーム・ワークショップ 2008」でセミナーを実施してきました。

今日は雨の中会場に来ていただいた参加者の方には感謝したいと思います。

セミナーの途中、2回ほどPCの電源トラブルで話が中断してしまい反省点もありました。

セミナーで紹介した資料は会社のHSCIのWEBにアップロードする予定です。

月曜日くらいにはホームページの「What'sNew」のところにアップ先を記述しておこうと思います。

http://hsc-i.com/

Dsc03470

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月17日 (木)

明日開催!「CQ出版社主催「組み込みプロセッサ&プラットホーム・ワークショップ 2008」

明日は秋葉原で、CQ出版社さん主催の「組み込みプロセッサ&プラットホーム・ワークショップ 2008」が開催されます。

http://it.cqpub.co.jp/tse/200804IF/

このイベントで私も12:40~14:10の時間で、

大競争時代の組み込み/リアルタイム・システム開発のプロジェク管理―成功するプロジェクト運営と戦略とは

と題して講演をします。

http://it.cqpub.co.jp/tse/200804IF/conferenceC.asp

今日はこの講演の最終確認準備です。

明日は天気予報では雨のようですが、会場が綺麗ですし、がんばって話をしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月11日 (金)

「Japan Strategic Architect Forum 2008」参加の巻

4月9日、10日と軽井沢で実施されたマイクロソフトさん主催の「Japan Strategic Architect Forum 2008」に参加してきました。

このフォーラムへの参加は招待制でした。つまりフォーラムの参加とホテル宿泊は無料です。キーセッションによる聴講とラウンドテーブル形式のディスカションによるフォーラム構成でした。

東京から新幹線で軽井沢に行きましたが、初日の軽井沢はなかなかの好天でしたが、二日目は雨か少し降りと霧が濃かったです。

ホテルは数人用の広い部屋に一人づつ割り当てられた、かなりゆったりした部屋でした。

最後の2つの写真はフォーラムで配布されたマイクロソフト社のSOAのアーキテクチャの図とツールキットの図です。

Dsc03405 Dsc03415

Dsc03448

Dsc03455

Dsc03457

Dsc03458

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 2日 (水)

パリ滞在記2

パリ滞在記2です。

パリは「一日に四季がある」と言われる程天候が変化すると聞きました。パリ滞在中はカタコトのフランス語以外は英語で十分過ごせましたので、地下鉄とバスで色々移動できました。個人旅行には向いている場所です。

よくフランス人はフランス語以外は話したがらないといいますが、そんな感じはまったくうけませんでした。英語で話をしても嫌がらず大変親切な印象を受けました。それと、街の普通のフランス人ならな極簡単な英語以外は英語を話せないようです。もっとも、本格的に勉強すればアジア人よりは上手になるとは思いますが。。。

貨幣ももはやフランでは無くユーロですし、インターネットも英語全盛の時代にフランス語一辺倒は無理なのでしょうね。

帰りの飛行機の中でたまたまパリに住んでいるという日本人の家族と一緒になりましたが、パリは6月以降の夏がいい季節のようです。今に時期はやはりまだ肌寒い時期のようです。

写真は滞在中数少なく快晴の日のエフェル塔と凱旋門の中の螺旋階段、そしてコンコルド広場です。

凱旋門の中は螺旋階段で上まで登れるのですが、踊り場などがないので、なかなか大変でした。まぁ、それでも10分一寸くらいの時間です。

Dsc02418 Dsc02915

Dsc02337

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 1日 (火)

「The SEI Ethics and Compliance」の巻

私はSEI(カーネギメロンソフトウエア工学研究所)のパートナーの認可と資格の両方を取得していますが、最近SEIが資格保持者に”The SEI Ethics and Compliance”についてのトレーニング受講とテストを義務づけました。

これは、資格者がビジネスを行うときに、気をつけなければならない”行動コード”を理解し徹底させるトレーニングです。

WEBからビデオトレーニングとして受講できるようになっており、最後にテストを受けることになっています。

私は昨日受講しテストもパスしました。英語によるビデオトレーニングですが、大変面白くかつ具体的なケースが網羅されていていました。

これからのビジネスはUSやEUはもちろんのこと、アジア諸国とも製品の輸出入、アウトソーシングなどの海外委託or請負、工場の海外設立による生産などでビジネスで深く関わります

日本だけでなく、どの国も他国とビジネスが不可欠になる時代ですので、”文化”、”法律”、”商習慣”が異なればビジネス上のトラブルになり、時には裁判にまで発展することもあります。

このようなことから、今後はISO、IEEE、CMMI、AutomotiveSPICEなど国際標準規格的なものがますます重視され、各企業ともビジネスを行う上でMUSTになると思います。

SOX法などもそうですし、会計の世界では以前から国際的な基準が存在し、どの企業もこれに沿って収支の内訳と数値の報告をしています。

会社の運営状況を示すためには、国際的に基準となる方法で実施しないと、有価証券などは市場が世界であるために意味がありません。

今後は製造業務も同様に国際的なルールに沿ったビジネスが一層加速することは間違いないですね。

その際には単に国際標準規格の理解にとどまらず、”The SEI Ethics and Compliance”の様な行動規範の理解と遵守が同時に重要になっていくでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »