« 経営の視点:ゴール指向の大切さ | トップページ | アタッカーズ・ビジネス・スクールのOGOB会 »

2005年6月10日 (金)

UMLモデリングツール界の価格破壊の革命児:「Enterprise Architect」

 ソフトウエア開発は真に国境の無い世界。なんたって、ネットワークにつながったPCがあれば、世界中の開発者と共同開発が可能になるんだからね。HWと違いロジスティクがないから、電子ファイルでやり取りすればOK。

 さて、そんな訳でソフトウエア開発では、世界標準のルールが急速に求められている。各国の商文化、法律、開発に対する進め方など、国によってかなり異なる。だから、標準化はこれからの時代絶対に必要なものなのだ。

 例えば、開発モデリング言語のUMLがそう。プロセスではSEIのCMMIやRationalのRUP、プロジェクト管理ではPMIのPMBOKだ。CMMIとPMBOKはまたの機会に話をするとして、今日は UMLを使ってソフトウエア開発する上で欠かせないモデリングツールの話をしてみたい。

 モデリングツールといえば、SA/SD時代から、CARD、セイバーがあり、オブジェクト指向では、Rose、 stpOMTが良く用いられてきた。これらはCASEツールと呼ばれ開発者を支援するツールとして物凄い期待がかけられブームなった時代がある。しかし、肝心のエンジニアが開発手法を理解が十分でなかったり、オブジェクト指向がまだまだ十分に現場に浸透していないせいもあり、十分効果が上がらなかった。CASEツールの機能を大して使わない高価なお絵かきツール程度の利用の企業が多かった。

 また、なんと言っても100万円近くするCASEツールもあり、大企業を中心とした利用であったと言わざる負えない。相対的に「高価」な買い物だけど、もう1つの「効果」は低かった。

最近かなり価格が下がって来たとは言え、まだまだ高価なCASEツールは多い。多機能な機能を備えてはいるが多くの職場のエンジニアは、お絵かきツールの延長戦上にしかまだまだなっておらず、利用され切っていない。しかし、UMLもオブジェクト指向もかなり浸透してきたので、今後は効果的にCASEを利用できるかどうかは、生産性や品質の競争優位を築く上で大きいだろう。しかし、まだまだ高価なCASEの導入は、やはり大企業に有利だ。それでは小・中堅の会社はどうしたら良いのだろうか?

 ここに来て驚くべきUMLツールが登場している。それが、「Enterprise Architect」だ。何と言っても安い!! 本当に安い!! しかし、機能は高価なUMLツールに引けを取らないから凄い訳だ。 UMLモデリングツール界の価格破壊だと言える。コマーシャルも大していないのに評判が広がり今や多くの職場で利用され始めている。

UMLなどの標準化はこれからのグローバルな開発ではMUSTになる。オブジェクト指向やUMLを各エンジニア及び企業が使いこなし、国際競争を勝ち抜いて行かなければならない。これから本格的にはじめるなら、初めから高価なCASEツールは不要だ。まだ、ツールを導入していない職場では、是非「Enterprise Architect」を試してみてはどうだろうか。「UMLのモデリングツールがどのようなものか?」、「自分達にはどのようなツールが適しているか?」はある程度使いこなさないと見えてこない。同じ失敗を繰り返さないためにも検討見てる価値は十分にある。

|

« 経営の視点:ゴール指向の大切さ | トップページ | アタッカーズ・ビジネス・スクールのOGOB会 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112989/4502547

この記事へのトラックバック一覧です: UMLモデリングツール界の価格破壊の革命児:「Enterprise Architect」:

» 価格破壊 [日々精進 - スパークスシステムズ ジャパン代表のBlog]
先日トラックバックした橋本さんにお褒めの言葉 を頂きました。ありがとうございます。 UMLツールの価格につきましては、橋本さんと初めて出会った当時(2年前?)としては、革命的であったかもしれません。ただ、現在は同価格帯でさまざまな選択肢ができていますので、そうした価格の優位面は以前よりも少ないと思っています。 Enterprise Architectの登場がそれを引き起こしたのかど�... [続きを読む]

受信: 2005年6月11日 (土) 09時41分

« 経営の視点:ゴール指向の大切さ | トップページ | アタッカーズ・ビジネス・スクールのOGOB会 »